ヘッダー画像

支持力を育てる「後ろ向きワニ歩き」 指先まで力を入れる 体幹を育てる運動遊び

長野県中野市にある幼稚園より。

 

この土曜日は、群馬県高崎市にて鉄棒セミナーを実施しました。

セミナーには、実際の鉄棒を使用する実技も含まれています。

鉄棒は、ドライバーで簡単に分解できる鉄棒を使用しています。

 

だんだんと回を重ねるにつれ、鉄棒の組み立て時間が早くなってきました。

鉄棒の組み立てに関して、私の脳の回路化が進んでいるようです。

 

この日は、最近考案した「プール前の準備体操」を準備運動に起用しました。

コンセプトは、

①体の曲げ伸ばしを明確にする(指先、足先まで伸ばす)

②子ども達が、身体の動かし方をイメージしやすい動き

③静と動の動きを明確にする

 

となります。早速、参加者の方に体験していただきました。

単純な動きの数々ですが、大人にとっては、辛い様子でした。

 

子どもたちにも試したところ、特に静と動のメリハリがつきにくい子どもや

静止ができない子どもには、とても効果的でした。

 

次回の研修でも実施しますので、楽しみにしてください。

 

さて、本日の紹介遊びは、「後ろ向きワニ歩き」です。

内容は、動画をご確認ください。

この遊びで育つ力は、

○頭の先から足の先まで力を均等に入れる「体幹力」

○支持力

 

ポイントは、顎をマットにつけることです。顎を地面に着けることで、両腕を伸ばした時により強い力を養うことができます。

初期段階では、滑りやすいマットの上で実施しましょう。

更に慣れるまでは、足も使い進みましょう。