ヘッダー画像

追いかけ遊びは、全ての成長の原点になる 未満児の運動遊び、指導法

長野県佐久市にある私立保育園のホールより。

 

明日は、気が重いな・・・。

毎月恒例のアレの日なのです。

その日は、前日から緊張をします。

各器材やSDカードのチェックをします。

笑顔や目の下のクマのチェックもします。

 

そう・・・。

明日は、DVD指導案の撮影日なのです。

緊張で嫌だな~と言う気持ちを前頭前野の力で切り替えてやる気に変えてきます!!

 

さて、先日、追いかけ遊びを紹介させていただきました。

0歳さんから遊べていると言う親御様の声を頂戴し、ステップアップした遊びを提供させていただきます。

 

名前は「ねずみ取りゲーム」です!!

2歳児さんの動画をご覧ください。

以前お伝えした追いかけ遊びは、ある程度も高さも確保されていて

子どもの手が届きやすい位置にあったため、苦手意識を持つ確率は低い遊びでした。

 

今回の遊びは、地面を移動する獲物を追うため、

姿勢を低くし地面を常に目視して追いかけなければなりません。

更にねずみの逃げ場所が広範囲になるため、より状況変化に対応しなければなりません。

 

このねずみを捕まえるときに、姿勢を低くし飛びかかったり手を伸ばしたりする

アクションを起こす時に身体を支える筋力が必要になります。

 

しゃがむ動作は、体を動かすことが苦手な子どもにとってなかなか大変です。

しかし楽しみながら遊ぶことで、身体と心の踏ん張りが利くようになります。

 

お家で遊ぶ際は、新聞紙をドーナツ型に丸め、

そこに毛糸などを通すことで同じようなものができます。

 

昨日も保育園で未満児の運動を行ってきました。

0歳さんもこのねずみゲームをとても楽しんで行っていました。

年齢が大きくなっても「捕まえる」「追う」ことができにくい子どもたちもいたため、

年齢問わず成長段階で必要な遊びだと再確認をしました。

 

是非、この遊びを通し人に興味を持つ力や集中力を養ってみてください。

よろしかったらポチっと(^^♪
よろしかったらポチっと(^^♪