ヘッダー画像

幼児期に育てる精神的強さ 前頭前野を育てる脳トレ遊び

長野県佐久市の事務所より。

 

昨日より事務仕事を山のようにこなしています。

今週末は、12日に実技セミナー、13日に知識セミナーを開催するため、必要な資料作りに追われております。

中でも13日のセミナーの目玉は、より具体的となった

 

発達調査の用紙 の配布です。

 

詳細は、上部をクリックしてください。

その他にも必要資料の印刷など膨大な量をこなしております。

 

さて、事務仕事ばかりでは、思考の柔軟性が失われるため気分転換を兼ね遊びの紹介です。

 

精神的粘り強さが弱い子どもが増加していませんか?

近年、入園してくる年少さんは、5年前よりも以下の力が不足しているように感じられます。

 

☑すぐに諦める

物を探せない

集中できない

話しかけても聞いていない様子

急ぐ事を知らない

自分の世界に入り込み現実の世界に出て来られない

 

などの状況です。

これらに共通することは、

精神的な粘り強さが弱いということです。

 

精神的な弱さ→社会性の弱さ→結果、一人が好き 或いは何かにこだわる

という姿です。

 

そもそも精神的な粘り強さは、脳の前頭前野の力です。

この部分は、日常生活や遊びの中で培われます。

この力を刺激するような遊びを紹介致します。

 

こちらの遊びは、フープ鬼ごっこです。

フープに片足を入れて、鬼に捕まらないように逃げます。


常に片足をフープに入れるため

 

・早く逃げたい葛藤

・フープを運ぶ抑制力 

 

の相反する力が必要です。

1つでも欠ければ、フープを追いて自分だけ逃げるか、

ゆっくり逃げて容易に捕まるか。ということになってしまいます。

 

お家では、新聞紙などをこのようなフープ状にして行うと良いでしょう。

足腰の使えない子どもは、フープを運ぶことが難しいです。

身体と脳の連動性を整える遊びとしても有効な遊びとなります。

室内で楽しく遊ぶことができるので、実践してみてください!