ヘッダー画像

寒さに負けない体力つくり!and運動不足解消♪ (大人(笑))

こんにちは!運動保育士会の石濱です☆

北海道では雪が降り始め、富士山は白い帽子を

かぶっていますね♪

お鍋などの温かい食べ物で体を温めたいものですね(^^)

 

寒い時期になると「お外で元気に遊ぶ!」というのも

なかなか出来ない、またはしなくなってきてしまうと思います。

本日はお家で出来る遊びと共に、空間認知能力を養う遊び

を紹介いたします!ずばり!!!

 

「寒さに負けない体力つくり!and運動不足解消♪(大人(笑))」でお送りいたします(*^^)v

 

【年少さんおススメの遊び】

☆トンネルくぐり

保護者の方は足を開いて立ち、トンネルを作ります。

足の間を、子どもがクマもしくはワニで通り抜けます。

大人は足のトンネルだけでなく、手足をついて

クマや、ブリッジなどのポーズになっても良いですね(^^)

○ポイント→足に当たらない様にくぐれる。

○育つ力→空間認知能力、腹筋・背筋、つま先の力、内股防止(ワニ)

 

☆クマで散歩

クマ歩きで、指定された物をタッチして戻ってきます。

(椅子・机・スリッパ等)なぞなぞ形式にするとよりイメージ力が育ちます。

例)ご飯を食べるところ など

○ポイント→指示されているものが分かり、しっかり触ってくる。

○育つ力→空間認知能力、洞察力(探す)、語彙力、イメージ力

 


【年中さんおススメ遊び】

☆ハイタッチ

子どもはジャンプしながら保護者の手にタッチします。

沢山ジャンプできるよう、色々な高さに手を出してあげて下さい。

○ポイント→引く位置から高くし、慣れてきたら高さをランダムにする。

○育つ力→空間認知能力、跳躍力、バランス力、つま先の力

     瞬発力、チャレンジする気持ち

 

☆ピンポイントカンガルージャンプ

目標物(新聞紙を四角く切るまたは座布団)目がけて

カンガルー跳びで、ジャンプ!新聞紙で作る際は大きさを

様々にしてもGOODですね☆

○ポイント→ 目標物に向かって跳んでいるか。

      膝をしっかり曲げているか。着地の際、かかとから着地していないか。

○育つ力→空間認知能力、跳躍力、バランス感覚、つま先の力

 

 

【年長さんおススメの遊び】

☆両手でハイタッチ

年中さんのハイタッチを両手同時に行います。

より強い空間認知能力の刺激に繋がります。

左右の手の高さを変えることで、高さに対しての空間認知が高まります。

○ポイント→リズム良く次の的をつくる。大人の肩幅くらい広く使う。

○育つ力→空間認知能力、リズム感、瞬発力、持久力、跳躍力

 

☆カンガルー高鬼

鬼(大人)も子どももカンガルーに変身します。

ズルをしない様に足の間にタオルを挟んでも良いですね!

子どもは高いところへ逃げると鬼にタッチされません。

ルールは親子や兄弟で考えるとコミュニケーションにも繋がります。

○ポイント→髙い所がわかる。(鬼がいる所より高ければOK

      足を閉じてカンガルーで逃げる、追いかけることができる。

○育つ力→空間認知能力、コミュニケーション能力、跳躍力

 

いかがでしたでしょうか?

読むだけですと「あまり大人は動かないじゃない・・・」と感じるかと

思いますが、意外と大人が子どもより先にばててしまう活動なんですよ♪

私も実際子どもたちとやると「はーはー」と息を切らす事が多々あります・・・

負けていられません!

子どもたちと一緒に体を動かして健康な冬を過ごしましょう☆

 

では、次回もお楽しみに(^_-)-