ヘッダー画像

秋の自然環境と子どもの発見から学ぶ声掛け法

こんにちは。運動保育士の柴崎です。

 

秋になりましたね。ススキが綺麗になびいて癒されます。

イチョウも色づき深呼吸が心地よいです。

 

昨日は、私が行っている運動遊び課外教室がありました。

 

年中さんの指導を終え子ども達を部屋に連れて行った矢先、一人の子どもが目をキラキラさせて近づいてきました。

そして、「先生、トイレに変な虫が!!」と一言大きな声で言ったのです。

 

途端に並んでいた子どもたちが、我も我もとトイレに駆け込んでいきました。

 

「うわ~すげ~、見たことない」

「何々!?きゃ~(喜)」

「先生(担任)の先生にも見せなきゃ!」

 

など子ども達は、「トイレの変な虫話題」で持ちきりでした。

 

私は、「ナイステクニック!!」と思わず感心してしまいました。

そんなやり取りの中で今日は、声かけのテクニック講座です。

 

声がけで怖い物が怖くなくなる、恐怖心が期待感に変わる方法です。

 

私は、運動遊びの中で段階を踏んで遊びを提供します。

その中でちょっと高度な遊びがあります。

 

「なんだか難しそう・・・」

「こんなの出来ない・・・」

「どうしよう、出来ないよ・・・」

「・・・・・・・(無言)」

などなど子ども達からネガティブな発言を聞くと思います。

 

そんな時は、「テーマパーク風」にアレンジして伝えます。

 

伝えるタイミングは、事前指導の時!!

 

事前の運動遊び終了時に

「次回は、今日よりももっと楽しいことをするよ!」

「なんと鉄棒を使ってね!それは、次回のお楽しみ」

「ヒントは、逆上がりのもっと面白いバージョンです」

 

と伝えます。そして当日、前回り逆上がりというステップアップ遊びを行います。

 

上記の言葉がけと虫を発見した子どもの共通点は、

ズバリ、具体的ではない期待の持たせ方です

 

※発達によっては、具体的に提示した方が、期待を持ちやすい場合もあります※

 

「トイレの変な虫」と聞いただけで、

☆え!?トイレのどこに虫がいるの!?手洗い場?もしかして便器の中??

☆変な虫って何?もしかしてまだ見たことがないレアな虫??

☆飛びかかって刺す虫かも!怖いけど見たい・・・。

☆見とかないと今後お目にかかれないかも

 

などたくさんの期待感や感情が交差します。

しかも周りのお友達のテンションによっても違ってきます。

運動遊び時に一言、多く伝えるだけで「期待感、ワクワク感」に変わり新しい遊びの導入が容易になります。

 

運動遊びや日々の保育を実践するときに是非、使ってみてください!

 

ちなみに虫は、小さな羽が生えた虫でした。良く見つけたな~。