ヘッダー画像

親子ふれあい通信~バランス感覚編~ 8月10日

こんにちは!運動保育士会の石濱です!

以前から、苗を植えて育てていたゴーヤがやっと、ゴーヤカーテンらしくなってきました♪

 

 

今週は、「バランス感覚」を養う遊びを紹介いたします。

 

【年少さんおススメの遊び】

☆背中のマッサージ

 大人はうつ伏せで寝ころびます。背中の上に子どもが立ち足踏みします。バランスがとりにくいので最初は壁の近くに寝転がり、壁で支えながら行いましょう。慣れてきたら徐々に支えなしで足踏みしていきます。大人は「上の方をお願いします(右上)」など子どもに指示し、上下、左右の認識にも繋げていきましょう。

 

☆くねくね綱渡り

 以前、ヘビさん(縄)の上を歩く遊びを行いましたが、その応用編です。縄を真っすぐではなく、くねくねにし、その上を歩く遊びです。ヘビさんから落ちないように!とヘビを見ながら歩くので集中力と空間認知(距離感)、バランス感覚を養います。

 

 

【年中さんおススメ遊び】

☆まねっこかかしさん

 大人と子どもで向かいあいます。両手を広げ片足を上げてバランスを取って立ちます。ポイントとして、足の親指に力を入れるとバランス良く立てますよ♪また、向かい立っている大人のまね(腕を回す、頭を触るなど)をすることで、模倣力、バランス感覚を養います。

 

☆お山登り

 大人は体操座りをします。まずは斜面を緩やかにしてあげましょう。子どもは大人と手を繋ぎ、足の親指で大人のすねを掴みながら登っていきます。頂上(膝の上)で両手を広げバランス良く立ちます。落下を防ぐために腰のあたりに手を当てて補助してあげましょう。

 

【年長さんおススメの遊び】

☆靴下履き競争

 立ちながら靴下を履く遊びです。靴下を履いている足を床につけないようにし、どちらが先に靴下を両方転ばないで履けるか競う遊びです。親子だけでなく、兄弟やおじいちゃんおばあちゃんなどたくさんの家族で遊んでみましょう!転んだときに物や人とぶつからないようになるべく広い場所で行いましょう。

 

☆足指じゃんけん

 名前の通り、足の指でじゃんけんをします。足の指を開く(パー)、閉じる(グー)、親指だけを動かす(チョキ)を行うことで足の指を刺激して土踏まずの形成に繋げます。土踏まずが形成されることで、歩いている時にすぐに「疲れたー」と言ったり、バランスを崩して転んだり、ジャンプの跡に着地の際に「ドンドン」言わない足の裏をつくっていきましょう☆

 

「時間がなくてできないわぁ~」とお考えの方は、子どもと一緒にお風呂に入っている時間や登園している駐車場から園の門までなど短い距離でも構いません!カンガルージャンプで登園、お買いものへお出かけしてみたり、お風呂で「足じゃんけんしよ!」と提案してみることで様々な力が養われますし、少しの時間でコミュニケーションが取れますよ☆「うちの子こんな力が弱いんだ・・・。」と知るいい機会にもなりますので、ちょっとした時間に遊んでみてください(^^)

 

では、次回もお楽しみに(*^^)v