ヘッダー画像

親子ふれあい通信~空間認知力編~ 8月3日

こんにちは!運動保育士会の石濱です。夏休みのご予定はお決まりですか?

毎年海や山、プールなどに行かれる方が多いのではないでしょうか?

私は、毎年海やプールに行かないのにこんがりと日焼けをしてしまいます(/_;)

お肌がボロボロになってしまう前に今年は日焼け対策も考えていきたいと思います(>_<)

熱中症や日射病に気をつけて夏を楽しんでください☆

 

 

今週は、「空間認知能力(距離感)」を養う遊びを紹介いたします。

歩いている時に突然つまずいたり、扉に足の小指をぶつけたり、

目の前にあるものに衝突したりしたことはありませんか?

これらは全て「空間認知能力」が関係しています。

育てておかないと重大な事故につながりかねません。

 

 


【年少さんおススメ遊び】

 

○にょろにょろへびさん

 テーブルやいすに紐を結んでにょろにょろと動かします。

ヘビさんを踏まないように跳び越える跳躍力と、

踏まないように距離感を掴む空間認知力を養います。

足の裏全体でべたべた跳ぶのではなく、つま先で跳ぶことが出来ているか、

膝をしっかり曲げているか観てみて下さい☆

 

  

○タッチゲーム

 大人は子どもが届く高さに手をだします。

子どもはそれをタッチするようにジャンプします。

ある程度届いたら高さを高くしていきましょう。

 

 

【年中さんおススメの遊び】

  

○障害物つま先歩き

 ご家庭にあるティッシュの箱やクッションなどを置き、

つま先歩きで当たらないように踏まないように歩いていきます。

つま先で歩くことで足の親指の刺激となり、

また障害物を踏まないように歩くことで空間認知能力を養います。

 

 

○タッチゲームpart2

 大人は子どもが届く高さに手をだします。

大人がパーに手を出した時は子どももパー、大人がグーにしたらグーでタッチを行います。

どんどん高さを上げて、跳躍力UPも目指していきましょう!

 

 

【年長さんおススメの遊び】

 

○アヒルさんでお散歩

 廊下にティッシュの箱やペットボトルなどを置き障害物をつくります。

膝を開いてしゃがみ、背中を伸ばし、両手を広げて歩きます。

かかとをつけないように歩くことで足の親指の刺激、

障害物に当たらないようにすることで空間認知能力を養います。

 

 

○タッチゲームpart3

 大人は子どもが届く高さに手をだします。

大人がパーに手を出した時は子どもパーに勝つチョキを、

大人がグーを出したらパーを出して勝つようにタッチします。

瞬発力、跳躍力、しっかりタッチ出来るかの空間認知能力を養います。

 


 

いかがでしたでしょうか!(^^)!

また、次回もお楽しみに(^_-)-