ヘッダー画像

親子ふれあい通信 ~側転に繋がる遊び編~ 7月25日

こんにちは。運動保育士会の石濱です!

今年は昨年より暑くなるそうなので体調管理に気をつけて下さいね☆

今はやりの「ゴーヤカーテン」を作って部屋が涼しくなる事を望みつつ

沢山のゴーヤが出来るのを楽しみにしております!(^^)!

 

 

さて、今週は「側転につながる遊び」を紹介させて頂きます。

側転と言っても完全に出来るようになるのは年長さんを目標に行って頂ければと思います。

 


【年少さんおススメの遊び】

☆  片足クマさんpart

 クマさん状態(四つん這い)になり好きな足を片方、上にあげます。

この時に「怪我をして足を着くと痛いよー」と言うとイメージ力につながります。

顔を前に向け、「手、手、足」の順番で前に進みます。

上げた足は膝が曲がっていてもOKです(^^

 

☆  お背中ぴょん!

 大人はうつ伏せになって寝ます。

子どもは、大人の背中に両手を添えて「1,2の3」で向こう側(左から右)に跳び越えます。跳び越える時は、片足ずつ大人を踏まないようにぴょんと跳び越えていきます。

腕で身体を支えながら跳び越えていくことで、

跳躍力と腕の支持力(支える力)を養っていきます。

 

 


【年中さんおススメの遊び】

☆  片足クマさんpart2

 クマさんに変身したら好きな足(上げやすい方)を上げます。

上げた足の膝をピンっと伸ばして「手、手、足」の順番で前へ進んでいきます。

1匹の蛇(縄)を置いて、それを触らないように左右に跳び越えることで

さらに腹筋、背筋、支持力を養います。

 

☆  片足クマさんで手押し車

 先ほどの片足クマさんで手押し車を行います。上げている足を大人が持ちます。

なかなか膝が伸びないお子さんの補助として使える遊びです。

持つ場所は、膝下、すね、足首と徐々にレベルを上げていきましょう。

前に進む時は、「1212」と声をかけてコミュニケーションをとっていきましょう!

 

 


【年長さんおススメの遊び】

☆  バンザイからの片足クマさん

 手をバンザイにし、上から下に手を振りおろして手を床に付き、

片足クマさんで前方に進んでいきます。

何もない所で上手にできたら、障害物(縄を2本、ティッシュの箱)を置き、

触らないように進んでいきましょう☆

 

☆  側転

 子どもはどちらがやりやすい方か分りにくいと思うので、

横を向いたときに、片足クマさんで上げている足が後ろになるように立ってみましょう。

例:片足クマさんで右足が上がる子どもは左手から床に付く。

子どもは手をバンザイにします。

大人は手を伸ばしてバッテンにしたら子どもの腰を掴みます。(親指が下になる)

「1,2の3」の掛け声とともに「手、手、足、足」の順番で床に付いていき、

大人は腰を持って回転させます。

子どもには手を見るように声をかけてあげましょう。

 

 

では、次回もお楽しみに!(^^)!