ヘッダー画像

親子ふれあい通信 7月18日 ~支持力編~

こんにちは、運動保育士会の石濱です!

汗をかくような暑い日が続いていますね^^;

熱中症にならないよう、帽子をかぶったり、水分補給をこまめに取るようにして、熱中症対策をしていきましょう^^

 

今週は、「支持力」を養う遊びを紹介いたします。

 

【年少さんおススメの遊び】

 

☆お相撲ごっこ

 保護者の方には座ったままで両手を伸ばしてもらい、

子どもにその手を向かい合ったままで押してもらいます。

ポイントは、腕を曲げないで行うことです^^

布団などの下が柔らかいところで行ってください。

支持力・足の親指の刺激に繋がります。

 


☆障害物クマ

 保護者の方には、足を開いて座ってもらい、

子どもは、その体の周りをクマ歩きで回ります。

ポイントは、開いている足にぶつからないようにすることです。

保護者をよけることによって、より強い支持力・空間認知力の刺激に繋がります♪

 

【年中さんおススメ遊び】

 

☆片足クマの手押し車

 クマ歩きから、どちらでもいいので片足を上げます。

その足を保護者の方に持ってもらい、進んでいきます。

側転に必要な支持力の刺激に繋がります^^

 

 

☆新幹線クマ

 クマ歩きをゆっくりではなく、速く行います。

ポイントは、クマ歩きの姿勢を維持したままで行うことと、

転倒防止の為にお顔を前に向けることを伝えましょう。

転倒した時の為に布団などの柔らかいところで行ってください。

抑制力・支持力の刺激に繋がります。

 

 

【年長さんおススメの遊び】

 

☆手押し車

 手押し車で、背中に物を乗せて運びます。

手押し車でも十分な刺激に繋がるのですが、

背中に物を乗せることで、物を落とさないようにする為の

体の調整力・更に強い支持力の刺激に繋がります。

 

 

 

☆新幹線片足クマ

 片足クマを速く行います。

ポイントは、足をあげたまま(足は曲がっていてもOKです!)を維持して行うことです。

手はバラバラについても構いません♪

支持力・抑勢力の刺激に繋がります^^

また、転倒防止に備えまずは片足クマから行ってみましょう。

 


では、次回もお楽しみに(*^^)v