ヘッダー画像

運動遊び通信 ~跳躍力・バランス感覚編~ 3月16日

みなさん、こんにちは!運動保育士会の石濱です^^

今回のテーマは、跳躍力・バランス感覚です!

跳躍力・バランス感覚は、鉄棒・縄跳び・跳び箱等様々なところで必要になってくる力です!

 

 

 

【年少さんおススメ遊び】

☆タッチジャンプ

 大人が手を子どもの届く高さに上げ、子どもは手にタッチするようにジャンプします。

タッチ出来たらどんどん高くしていきましょう。

膝を曲げてジャンプするように声を掛けてあげましょう!

保護者の方が、「せ~の」と掛け声をかけてあげましょうね。

 

☆抱っこちゃん

 手を繋いで「1,2の3」で子どもがジャンプします。

ジャンプしたら、手を離さずに足の力で大人に抱きつきます。

大人は子どもをジャンプと共に少し引き上げてあげましょう。

子どもは抱きついたら落ちないように我慢します。

足が脱力しないように声を掛けてあげましょう!

 

【年中さんおススメ遊び】

☆タッチジャンプ

 大人が子どもの届く高さに手を上げます。この際にじゃんけんをします。

大人が「グー」を出したらそれに勝てるように、

子どもは「パー」を出しながら手に届くようにジャンプします。

慣れてきたらテンポよく遊んでみましょう!

 

☆跳んだりくぐったり

 大人が寝ころんだら、子どもはそれを踏まないようにジャンプします。

また、馬になったらお腹の下をくぐります。

跳躍力と瞬発力、着地時のバランス感覚を養います。

また、大人を踏まないようにする空間認知(距離感)を養います。

大人もよい運動になりますよ(*^_^*

 

【年長さんおススメ遊び】

☆タッチジャンプ

 大人が子どもの届きそうな高さに手を上げます。この際にじゃんけんをします。

大人は「負け・勝ち」の指定をします。

子どもはそれに対応しながらジャンプをして、じゃんけんをします。

跳躍力、バランス感覚、脳の「勝ち・負け」の切替に繋がります。

 

☆跳んだりくぐったり

 大人が寝ころんだら、踏まないようにジャンプし、跳び越えます。

また、馬になったらお腹の下をくぐります。

足を開いたり、腕立て伏せのようになったりと動きを複雑にし、

どうやったら跳び越えられるか、くぐれるかを考えながら遊ぶ遊びです。

跳躍力、瞬発力を養う遊びです。

 

 

以上、運動遊び通信でした!

次回の配信をお楽しみに^^♪