ヘッダー画像

運動遊び通信番外編~目線について~ 3月12日

こんにちは!運動保育士会の石濱です!

今回は、目線についてです^^

お子さんの目線がどうなっているか思い出しながら、読んでみて下さい♪

 

 

 普段お家でテレビを見る際に、きちっと座って見ている人というのは少ないと思います。

どちらかというとリラックスした姿勢で、

ソファーで寝っ転がりながらテレビを見ている人がほとんどだとは思いますが、

例えばニュースを見ている時や気になることが起きた時、

体を自然と起き上がらせると思います。

実はこれには理由があり、私たちの脳は目線が平行でないと

物事を正確に考えられないという特徴があります。

その為、気になることが起きたりテレビで流れたりすると自然に姿勢を起こすのです!

それは、私たち大人だけに限らず子ども達も同じです!

なので、お話をしている時に肘をついて顔が斜めになっていたりすると、

お話は右から左に流れていっているのとほとんど変わりがないのです^^;

 保育参観やお家などでも、お子さんの姿を見る機会がありましたら、

後ろから顔が斜めになっていないかチェックしてみて下さい^^

 

以上運動遊び通信でした♪

次回の配信をお楽しみに^^