ヘッダー画像

跳び箱がとべるようになるまで

跳び箱の指導方法

跳び箱の指導をするときに、助走をしっかりと付けて頑張って踏み切れれば跳べるというような指導をする方が多くいますが、これは間違いです。 

 

何故かというと、跳び箱で一番大事なのはしっかりと手をついて体を支えて跳び越すということで、手をつくということが一番大事なのです。

しかし走って勢いをつけて踏み切るというような動きがあると、子どもたちはそこに意識が向いてしまって、しっかりと手をついて腕で体を支えるということが二の次三の次になってしまうのです。  

走っているときには、走ることと踏み切ることで頭が一杯になっているので、しっかりと手をつくということがおろそかになってしまいます。

 

そうすると、跳び箱が低い時は跳べるかも知れませんが、ちょっと高くなってくるとしっかりと跳ぶことが出来なくなってしまいます。壁にぶち当たってしまいます。

そうするとその子どもは、なかなかその高さを跳び越すことが出来なくなる、のと同時に怪我をしやすくなります。

 

ですので、跳び箱の指導法としては、子どもたち、特に幼児期の子どもには、まず走る助走というものは必要ありません。まずは手と足で、カエルのような格好をして跳び箱のところまで移動したら、勢いを付けずにしっかりと手をついて行うような指導法を行なって下さい。安全に行えるだけではなく、クラス全員の子が確実に跳べるようになります。

 

具体的な段階を追った指導法については、次のメールフォームから登録していただくとイラスト入りで年齢ごとのやり方をご紹介します。安全で楽しく跳び箱を行うためにも、是非活用して下さい。

 

犬さんになって歩きましょう。膝を床につけて、四つん這いになって歩きます。クマさんの導入ですから自由に楽しく行いましょう。手の開いて歩くのがポイントです。

クマさんになって歩きます。膝を床から離して、腰を高く上げて四つん這い歩きをします。クマは犬より大きくのっしのっしと歩きましょう。

ビニールテープで20cm位の幅を持たせて線路をつくります。クマさん電車に変身して歩きましょう。手と足が線から離れないようにバランスをとって慎重に進みましょう。

片足クマさんに変身して線路を歩きます。上にあるものよりバランスが悪くなるので、ゆっくりと進んで構いません。

カエルさんになって、線路の中に手をついて、足は線路の外に来るようにします。手、足、手、足・・・の順番で進んでいきましょう。跳び箱を跳ぶときと同じ動きになります。

手を床にしっかりとつき、両脚を同時に高く振りあげた瞬間に足の裏を打ちます。腕にかかる負荷が大きくなってくるのでマットの上などで行いましょう。

カエルさんになったら、跳び箱に座って一休みしましょう。開脚跳びに移行する前にこれを行うことで、足を開くことを覚え、跳び箱に対する恐怖感が和らぎます。

両脚で踏み切って、跳び箱の上に乗ります。前方向に倒れてしまう子もいるので、先生は補助を忘れないようにしてください。

ほとんどの子どもは大きなカエルをたっぷりやることで、3~4段の跳び箱であれば簡単に跳べるようになります。特に指導が無くても跳べるので、大きなカエルさんに変身する機会を定期的にとってあげてください。安全に配慮しながら跳び箱を楽しみましょう。