ヘッダー画像

ブログ

2021年

1月

20日

【禁止されればされるほど「やりたくなる」心理って…?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【禁止されればされるほど「やりたくなる」心理って…?】

 

みなさん、こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

ダメ!って言われるとついついやりたくなっちゃうことはありませんか?

「絶対に見ないでね!」「禁止!」など

「やっちゃダメといわれたら、やりたくなっちゃう」心理現象は

カリギュラ効果と呼ばれています。

カリギュラ効果は、特定の事柄が禁止されるとかえって

興味を掻きたてられ、逆の行動に走るという心理現象のことです。

 

皆さんご存知の民話『鶴の恩返し』は、

カリギュラ効果がわかる良い例えですね!

「絶対に覗かないでください!」といわれて、

ついつい中が気になり覗いてしまうシーンがまさにそうです!

 

どうしても、お子さんと関わっていると「ダメ!」と

言ってしまうことがあります。

お子さんの命に関わることや社会的マナーにつながる部分は

繰り返し伝えていくことが必要ですが、

遊びの中で大人の努力(お子さんの目につく場所に置かない・

保管方法を変える・代替品を用意しておく)で

お子さんの「やりたい!」という気持ちを満たせる場合であれば、

大人側の努力も必要かもしれません♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び  #心理 #カリギュラ効果

 

 

2021年

1月

19日

【少し高い壁がもたらす心理的影響について】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【少し高い壁がもたらす心理的影響について】

 

みなさん、こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿では、心理的リアクタンスについてお伝えいたしました。

心理的リアクタンスは

『自身の自由を外部から脅かされた時に生じる、

自由を回復しようとする反発作用』のことです。

人は相手に自分の行動を決定されたときに、

それに反発する態度を取りやすくなるといった内容でした。

この心理的リアクタンスの応用をご紹介いたします。

 

さて、皆さんはゲーミフィケーションという言葉をご存知でしょうか。

最近教育現場や企業内での教育でも活用されていて、

日常にある様々なことをゲームの形にするという

「ゲーム化(gamify)」から派生した言葉とされています。

ゲーミフィケーションはいくつかの要素から成り立っていて、

その要素の中に『課題・目標設定』があります。

この目標設定ははじめ簡単な課題となりますが、

プレーヤーの成長に合わせて課題の難易度も上がっていき、

解決には工夫と努力が必要になってきます。

 

あまり高すぎる課題設定ではなく、少し頑張れば達成できる

程度の壁を設定することで、簡単に達成できない状況によって

自身の行動の自由が奪われていると感じて、

その状況に反発した態度、つまりは、以前より達成したい意欲が

強くなるという心理的リアクタンスが作用し、

達成に対するモチベーションが向上しやすくなるとされています。

 

これも必ずというわけでは無いですが、

方法の一つとして保管しておくといいかもしれませんね♪

 

参考文献:深田浩嗣,『ゲームにすればうまくいく ―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク』,NHK出版,2012

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び  #ゲーム #心理

 

 

2021年

1月

16日

【指示されると、なんかやりたくなくなるのって何でだろう??】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【指示されると、なんかやりたくなくなるのって何でだろう??】

 

みなさん、こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

みなさんは、小さい頃、宿題をしようかなと思って

動き出し始めたタイミングで、お父さん、お母さんから

「宿題やったの?ちゃんとやりなさい!」と言われて、

宿題をやる気持ちが無くなってしまったり、

「もうやったよ」と口答えをしたことはありませんか…?

 

人は相手に自分の行動を決定されたときに、

それに反発する態度を取りやすいことを知っていますでしょうか?

心理学では、「心理的リアクタンス」と呼ばれていて、

『自身の自由を外部から脅かされた時に生じる、

自由を回復しようとする反発作用』のことを意味するそうです。

 

大人でもお子さんでも人が食欲や睡眠欲、物欲などに加え、

「自律性の欲求(自己決定したいという欲求)」を

持っているとされています。

先ほどの宿題を例に挙げてみると、誰かに【宿題を行う】という

行動を決めつけられてしまったことで、

自己決定するという自由が奪われたと感じて、

反発的な態度を取ってしまっているといったケースになります。

 

運動であっても、「もうこれやった?」「ここはこうして」

「ほらほら、ここはこうだよ」と常に先回りし、

全てを指導側が指定してしまうことで、

お子さんはどのように感じるでしょうか?

※お子さんの安全確保のため場面によっては、

 全て大人が決定する時もあります。

 

関わり方に「絶対」はありませんが、

選択肢を提示してあげる方法はおススメです。

いくつかの選択肢を用意してあげることで、

お子さんも自己決定できる余裕が生まれて活動に取り組みやすくなります!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び  #心理的リアクタンス #心理学

 

 

2021年

1月

13日

【見比べることで育つこと】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【見比べることで育つこと】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

運動遊びに限らず、新しい活動を行う際には動き方や方法の

「良い例」と「悪い例」を提示すると思います。

例えば、クマさんに変身する前に

■「良い例」として

手をパーに開いて、顔を上げて前を見て、お尻をあげて、

膝を地面から離して進む動作を子ども達に見てもらいます。

■「悪い例」として

手をグーにして、顔を下げて下を向いて、膝を地面に着きながら

進む動作を見てもらい、どこが違ったかを当ててもらいます。

※あくまでも動作のイメージをもってもらうためのものなので、

「良い例」が最初からできなければいけないということではありません。

 

子ども達には動きのポイントとなる部分を意識してもらい、

自分自身の身体に意識を向けることができるようにしています。

また、「良い例」と「悪い例」を比べるためには

視覚性の記憶する力が必要になります。

「良い例」の動作(手・顔の向き・下半身の動き)を眼で見て記憶し、

「悪い例」を見た時に、脳の中で「良い例」の動きのイメージを

出しながら、今見ている「悪い例」と比較することが必要になります。

 

動きの説明部分にも脳へのアプローチが含まれています。

ぜひ、遊びの説明時も有効に活用してみてくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 #見本

 

 

2021年

1月

12日

【人と言葉と記憶~その人の基礎となるのは~②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【人と言葉と記憶~その人の基礎となるのは~②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿では、言葉と記憶が思考や行動に影響を与えていること

についてお伝えを致しました。

前回の投稿の最後にお伝えした、「○○できるようになりたい」

「きっと○○できる」と自分で口に出したり、

大好きなお父さん・お母さん、先生が繰り返し口に出したりすることで、

最初はただ言葉に出しているだけでも、小さな成功体験や

その言葉による記憶が徐々にプログラム(行動や思考など)に

影響を与えていくとされていることについて

脳科学や認知科学、心理学ではこれを「プライミング効果」と呼びます。

 

「プライミング効果」とは、事前に見聞きしたことが

その後の判断や行動に影響を与えることです。

「どうせできない」「どうせつまらない」「つかれた」

「あなたにはできない」などのネガティブなイメージの言葉の

記憶は、目の前にやるべきことがあっても

脳がマイナスのレッテルを貼ってしまい、挑戦しようとする時の

足枷となってしまいます。

 

今までの言葉・経験の記憶で人がプログラミングされている

といってもいいかもしれません。

プログラミングとは「コンピューターにさせたい事を書くこと」です。

そうすることで、コンピューターは自分が何をしたらいいのかを

把握し、実行していきます。

もちろん、私たちはコンピューターではありませんし、

決まったプログラム通りには動いていません。

あくまでも、一つの考え方として、今まで見聞きした言葉、

そこに紐づいた経験の記憶から行動、思考、発想が

決まってきているとすれば、自分の手で自分をプログラミング

していけば自分自身をつくることが可能ということです。

 

最近では、プログラミングがお子さんの習い事で人気ですが、

ロボットのプログラミングももちろん素晴らしいですが、

言葉・体験・記憶という要素で、自分自身のプログラミングを

することも成長の中では大切だと思います。

 

特に、幼児期、学童期のお子さんは、周囲の大人の言葉の影響を

大きく受けるとされています。

周囲の大人がどのような言葉をかけていくか

考えていかなくてはいけませんね!

 

参考文献:●東洋経済オンライン, 宇都出雅巳(2017),「口ぐせが現実を変える」が科学的に正しい訳 「記憶をマネジメントする」ための2つのコツ,https://toyokeizai.net/articles/-/172097 (2021年1月9日)

●logmiBiz,中野信子(2020),人は言葉に縛られる生き物ーー脳科学者・中野信子氏が解説する「言語ってなに?」,https://logmi.jp/business/articles/322943 (2021年1月8日)

●宇都出雅巳,『記憶力が最強のビジネススキルである』,かんき出版,2017

●茂木健一郎,『茂木健一郎の脳がときめく言葉の魔法』,かんき出版,2014

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び  #言葉 #記憶

 

 

2021年

1月

11日

【人と言葉と記憶~その人の基礎となるのは~①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【人と言葉と記憶~その人の基礎となるのは~①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

お正月に美味しいおせちを食べた時、

初詣に出かけた時、お家でゆっくり映画を見ている時、

初売りでスーパーに出かけた時、

私たちが生活していく中で使っているツールが「言葉」です。

 

アメリカにあるメリーランド大学の研究結果によると、

成人男性が1日に発する単語数は平均で7,000語。

一方、成人女性の場合は平均20,000語、

およそ3倍もの単語数を発しているそうです。

(参考文献:石蔵文信 ,『なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのかエイリアン妻と共生するための15の戦略』,幻冬舎,2014)

 

男女差やその方の性格などもありますが、

一日に数千語の言葉を話し、聞いていることになります。

言葉は相手に物事や感情を伝えるだけでなく、

言葉を発した人自身を創り上げていく重要なツールにもなります。

物事の考え方や思考は言葉によって成り立ち、

明るい言葉・肯定的な言葉をたくさん発するだけで、

その通りの人格・生活習慣が作られていくとされています。

 

その理由は言葉と記憶の関係にあります!

私たちの行動や、思考は今までの経験や知識の記憶から

成り立っています。

例えば、「○○に売っているパンを食べた」

「パンが美味しかった」という経験があることで、

またあそこのパン屋に寄ってみようかなと行動したり、

「パン屋になりたいな!」と考えたりします。

パンを食べて美味しかったという経験を得る際には、

実体験とともに言葉も伴います。

パンを食べた時に「パン」や「甘い」・「柔らかい」・

「美味しい」という言葉を思ったり、

一緒にいる人に言ったりすると思います。

その時の味覚と触覚、「美味しい」などの言葉の記憶が

さまざまな形で結びつき、蓄積されることで

その後の行動に影響を与えています。

 

「○○できるようになりたい」「きっと○○できる」と

自分で口に出したり、大好きなお父さん・お母さん、先生が

繰り返し口に出したりすることで、

最初はただ言葉に出しているだけでも、小さな成功体験や、

その言葉による記憶が徐々にプログラム(行動や思考など)に

影響を与えるとされています!

 

たかが言葉、されど言葉です!

長くなりそうなので、続きは次回に~♪

 

参考文献:

●東洋経済オンライン, 宇都出雅巳(2017),「口ぐせが現実を変える」が科学的に正しい訳 「記憶をマネジメントする」ための2つのコツ,https://toyokeizai.net/articles/-/172097 (2021年1月9日)

●宇都出雅巳,『記憶力が最強のビジネススキルである』,かんき出版,2017

●logmiBiz,中野信子(2020),人は言葉に縛られる生き物ーー脳科学者・中野信子氏が解説する「言語ってなに?」,https://logmi.jp/business/articles/322943 (2021年1月8日)

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び  #言葉 #記憶

 

 

2021年

1月

09日

【VRが人の心に与える影響】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【VRが人の心に与える影響】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

みなさんはVR(Virtual Reality)=「仮想現実」を

試されたことはありますか?

最近では、VRを活用した施設の普及や医療や教育、学習に

活用したりとさまざまな分野で活用されてきています。

VRを活用した取り組みで、共感力を含めた心理的な変化が

研究の結果から少しずつ明らかとなってきています。

 

スタンフォード大学のニック・イーとジェレミー・ベイルソンに

よる研究では、若者が仮想現実内で年配のアバターとなり、

仮想現実内の鏡で自分が現在老人であることを

しっかりと認識させたうえで、若者のアバターと

決められたテーマについて対話を行い、

その後のいくつかのアンケート調査の中で連想課題

(老人から連想される言葉)において、

老人に対するポジティブなイメージの言葉が

多く連想されるようになることが示され、

高齢者への差別意識が低減することを報告しています。

 

その際に、イーとベイルソンは仮想空間上のアバター

(自分の分身となるキャラクター)の見た目が現実世界の

本人の行動・心理にも影響を与える(プロテウス効果)と

提唱しています。

 

日本では、富士通が2018年に香川大学と数県の教育委員会の

協力のもと、VR活用に向けた実証研究を

小学校・中学校・高等学校で行っています。

一昔前までは、画面を見て行う脳機能トレーニングが主流でしたが、

これからは仮想現実内でより現実に近い中で、

記憶力や、論理的思考力、認知機能を高めることが

出来るようになっていくかもしれませんね!

 

参照文献:

■富士通 (2018). PRESS RELEASE 香川大学と 富士通、障がい理解の促進や特別支援教育 の専門性向上にVRやテレプレゼンスなど を活用する実証研究を開始 Retrieved from https://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/11/19. html (2020年12月15日)

■Yee, N., & Bailenson, J. (2006). Walk a mile in digital shoes: The impact of embodied perspective-taking on the reduction of negative stereotyping in immersive virtual environments. The 9th Annual International Workshop on Presence, Cleveland, OH.

■日隈 美代子・中澤 幸子・久保田 貴之・谷口 昭彦(2019),インクルーシブ教育推進のためにVRは何ができるのか: 保育者・教員・支援員の専門性向上を目指した活用の方向性について, 環境と経営:静岡産業大学ジャーナル第25巻 第2号 73-74

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #VR #仮想現実

 

 

2021年

1月

08日

【お正月遊びで楽しもう~完~♪③】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【お正月遊びで楽しもう~完~♪③】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

今回も引き続き、日本の伝統や慣習を体験できる

『お正月』遊びを、遊びからつながる力とともに

説明していきたいと思います!

 

★ダルマ落とし★

ダルマが一番上に乗っていて、その下がいくつかのパーツに

分かれていて、小槌で一つずつ抜いていく遊びですね。

 

ダルマ落としで遊び際のポイントは、

■水平に打つ■打つ速さ■打つ強さ

とされています。

一番上のダルマが落ちないように水平に打つためには、

腕が上に上がったり下がったりせず、

水平に動かす必要があります。(固有覚の入力と運動の微調整)

素早く小槌を振るためには、腕を動かす際の

アクセント力(リズム)が大切になります。

いろいろな動きを行う中で、ずっと同じ力ではなく

瞬間的に力を込める場面がありますが、

その場面にもつながるとされる力です。

また、速さが出せることで小槌がパーツに当たった際の

インパクトの強さもあがり、ダルマを落とさずに

パーツのみを飛ばすことが出来ます。

 

遊びを通して、腕に意識を向ける時間が増えることで

ボディイメージにもつながっていくことが期待できます。

 

★けん玉★

けん玉は、十字状の「けん」と穴の空いた「玉」で

作られていて、玉を十字状の「けん」の皿に載せたり、

玉を槍状のけん先に入れたりして遊ぶ玩具です。

 

最近では、 教育機関やアスリートの中でも、

けん玉をトレーニングに取り入れるケースが増えています。

けん玉で遊ぶ際には足腰の動きが重要になり、

足腰の強化(膝を使った運動) や体幹(体幹を鍛え、

腹筋を強化そして、微妙な力の調整を常に行うことで

小脳の活性化(バランス力・調整力) につながることが

期待できます。

 

ダルマ落としもけん玉も目と手を使う遊びとなり、

目と手の協応を促す効果があるとされています。

目と手の協応が発達していくと、紐を結んだり、

紙を折ったり、はさみで切るなどの細かい動作をしたり、

ボールを投げたり、字を書いたりと学習やスポーツ、

手先を使った細やかな作業に役立つとされています。

 

ぜひ、お家で遊んでみてくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #福笑い #凧あげ #正月遊び

 

 

2021年

1月

06日

【お正月遊びで楽しもう♪②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【お正月遊びで楽しもう♪②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

今回も前回に引き続き、日本の伝統や慣習を体験できる

『お正月』遊びを遊びからつながる力とともに、

2種類の遊びを説明していきたいと思います!

 

★福笑い★

おかめやおたふくなどを模った輪郭の上に、

目や鼻などの顔のパーツを目隠しした状態で並べていき、

できあがった面白いおかめの顔を見て笑い、楽しむ遊びです。

 

福笑いの起源についてはわかっていない部分も

多くあるそうですが、新年の幸福を願い、

縁起物であるおかめの顔を用いて

親しまれるようになったと言われています。

 

福笑いは視覚を遮断し、指先の感覚で、

そのパーツが顔のどの部位なのかを想像する必要があります。

また、そのパーツが「笑ったときの口」であったとした場合、

顔に対してどのような向きで置くかも重要になります。

視覚情報が無い以上、頭の中で触覚から得られた情報を頼りに

おかめの輪郭・持っているパーツのイメージを創り、

遊びを進めていく必要があります。

触覚(識別系“能動的に触る”)刺激の入力、ボディイメージ、

空間認識力につながっていく遊びになります。

もちろん、ちゃんとした顔を作らなければいけないわけでは

ないので、できた可笑しな顔を見て、

笑って楽しむのを第一に遊んでくださいね♪

 

★凧あげ★

凧あげは、江戸時代ごろ男の子の誕生祝いとして

親しまれていた遊びで、凧が高く上がるほど

子どもが健やかに成長すると言われているそうです!

 

凧を作るところから行えば、手指の操作性にもつながります。

凧を上げてから凧が飛び続けるようにするためには

飛んでいる凧の糸を短くしたり、長くしたりして

凧をコントロールさせることが必要になり、

目と手の協調や力の調整につながります。

また、凧の糸をコントロールしながらも凧に目をやったり、

走ったり、他の子の凧にぶつからないように気を付けることは、

いくつかの場所に注意を分散させる力にもつながります。

※凧あげを行う際は、必ずその環境(電線電柱・木・住宅が

ある場所や凧揚げ禁止区域・河川の近くの危険な場所等)の

確認を行い、凧あげを行ってもよい環境で安全に遊びを行ってください。

 

昔からの遊びは、お子さん達の身体の発達につながる要素が

たくさん含まれています♪

ぜひ、遊んでみてください♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #福笑い #凧あげ #正月遊び

 

 

2021年

1月

05日

【お正月遊びで楽しもう♪①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【お正月遊びで楽しもう♪①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

2021年となって5日が経ちましたが

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

保育園で久しぶりにお友達とあって遊ぶことを

心待ちにしているお子さんもいることかと思います!

 

お正月ならではの遊びを、子どもに戻ったつもりで

お子さんと一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?

★コマ★

紐を巻いて使うコマもおススメですが、

まずは紐無しのコマから遊んでみるのがおススメです。

紐無しのコマは、親指、人差し指、中指の3本指を

使ってつまんで回します。

勢いよく回すには「つまみながらひねって離す」という

動作が求められます。

日常生活においてこの3本指の動きはとても重要になります。

お箸を使う・鉛筆を持つ、衣服の着脱など。

コマ遊びを続けることで、この3本指の力にも

つながっていくとされています。

また、紐を巻くコマになると3本指の力に合わせて、

体幹、肘、手首の連動性や力加減・タイミング(リズム感)も

遊び込むうちに少しずつ身についていきます。

 

★将棋崩し★

将棋崩しは、山になった将棋の駒を人差し指で

音が鳴らないように取る遊びです。

カタッと音が鳴ったら次の子と交代し、

より多くの駒を取った人の勝ちとなる遊びです。

人差し指1本だけを使いますが、駒に指を乗せるまでの

肩・肘・手首・指先の力の入れ方や、持って行き方、

指を乗せてからの力加減の調整など固有覚・触覚遊びになりますね♪

 

手指を使うことが脳にも良い影響があることは

最近の研究からも明らかとなってきていますが、

人間の筋肉は大小含めて訳600あり、

骨は赤ちゃんで約305、成人で約206とされています。

手首から先だけ見ても39の筋肉と27の骨で構成されていて、

それぞれが互いに絡み合い、協調しながら、

巧みな動作を生み出しています。

また、ヒトの親指を専門に動かす筋肉は全部で8種類もあり、

他の人差し指などと比べても一番多いです。

 

お正月遊びには、屋内の机の上だけでできるものも

たくさんあります。

ぜひ、遊んでみてくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #正月遊び

 

 

2021年

1月

04日

【2021年あけましておめでとうございます。】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【2021年あけましておめでとうございます。】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年は運動保育士会をご愛顧賜りまして誠にありがとうございました。

運動保育士一同、心より御礼申し上げます。

2021年が皆様にとって素敵な年になりますよう、

心よりお祈り申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

運動保育士会では、今年も「全ての子ども達に身体を動かすことを

好きになってもらいたい」という栁澤秋孝教授の思いを

運動保育士一人一人が持ち、お子さんへの運動遊びの実施を

行ってまいります。

私たちの思いがここで結実したわけではありません。

今年も私たちは子ども達、そして皆様のために

運動遊びを広げていきます!

 

さあ、これからが本番です。

より多くの子どもたちがイキイキと前向きに笑顔で生きていけるように、

皆さん、一緒に運動遊びの輪を広げていきましょう!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #丑年 #未満児 #あけましておめでとうございます。 #2021年 #謹賀新年

 

 

2020年

12月

23日

【色と数字の引越しゲーム】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【色と数字の引越しゲーム】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

今回の遊びは、色と数字を使った遊びです。

色のついたカードに数字を書いておきます。

作ったカードをホール内に置いて遊びを始めます。

大人の合図で、指示された色もしくは数字の

カードの上に移動します。

カードの上には1人だけではなく、

お友達と一緒に乗ってもOKです。

たくさんあるカードの中から指定されたカードを

見つけるには、全体を広く見渡してから、

一枚のカードにスポットを当てて見ることで

スムーズにカードを探すことができます。

 

今回は、色と数字を使って遊びましたが

ボールの大小や物の長短で探していくのもオススメです。

大小・長短であれば2歳〜のお子さんからでも

遊ぶことができますよ。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #ビジョントレーニング #コーディネーショントレーニング #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

12月

22日

【強すぎても弱すぎてもダメ!?バウンド玉入れ】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【強すぎても弱すぎてもダメ!?バウンド玉入れ】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

今回の遊びは玉入れです。

ただ、放物線を描いてゴールに玉を投げ入れるのではなく

地面にボールをバウンドさせてからゴールする玉入れです。

 

バウンドさせるということは、

バウンドした後の玉が跳ぶ角度や方向もある程度

予測して玉を投げなければいけないということです。

玉を投げる勢いや角度、高さなどの最終決定を

下すのは前頭前野です。

そして前頭前野で決めたプランを実行に移すために

プランを小脳に伝達させ、運動の強さや力加減

バランスを計算・調整して体に指令を出します。

もし玉がゴールに入らなければ、

まず視覚で玉が入っていないことを確認し、

入らなかった時の情報をもとに再度プランを

立て直して再実行していきます。

 

玉の重さや跳ね具合、ゴールとの距離を変えることで

難易度も変わってきます。

ぜひ、取り入れてみてくださいね!

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #ビジョントレーニング #コーディネーショントレーニング #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

12月

17日

【モノの3つの「方」】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【モノの3つの「方」】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

日本海側を中心に記録的な大雪となり、

平地でも真冬並み寒い日が続いていますね…

路面も凍結していることろが多いので、

皆様もお気を付け下さいませ。

 

幼児期において「見方・考え方・捉え方」を働かせることが

大切になります。

モノの3つの「方」とは

■見え方

■考え方

■捉え方

の3つの「方」です。

 

日々、実施している運動遊びの中の

「見方・考え方・捉え方」の一例をあげてみたいと思います。

例えば、

■跳び箱

本来であれば、組み立てた箱の上に手をついて

跳び越していく物ですが、跳び箱を分解して

再度組み立てるには、モノの大小や数の感覚が必要になります。

「一番下が大きい5段だよ!」

このような感じです。

しかし、跳び箱は上から見れば四角形ですが、

横から見ると台形ですので、組み立てるときの方向も

重要になります。

また、角には跳び箱を安定させるために出っ張りがあり、

ただ乗せるだけではうまくはまりません。

角と角を合わせて上から真っすぐ乗せるとうまくはまります。

 

このようなことを、お子さんたちは初めは知りません。

実際にやってみて、はめてみて初めて気づくことが

たくさんあります。

上記の部分で試行錯誤していくことが、

「見方・考え方」を働かせることにもつながると思います。

 

運動遊びの場面でどのようにして「見方・考え方・捉え方」

が働くように設定をするか!?

運動遊びの場面を通じても十分取り入れられる要素は

含んでいると思います。

 

 

参考文献:「イラストで読む!幼稚園教育要領 保育所保育指針 幼稚園連携型認定こども園教育・保育要領はやわかりBOOK」,無藤隆・汐見稔幸,学陽書房

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #見え方考え方捉え方

 

 

2020年

12月

14日

【昔ながらの遊びをやってみよう②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【昔ながらの遊びをやってみよう②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

■でんでん太鼓

太鼓の両脇から糸が出ていてその先に小さな球が付いていて、

太鼓を回すと糸の先の玉が遠心力で回って

太鼓にぶつかり音が鳴る玩具です。

 

でんでん太鼓は、片手で操作する際は小指・薬指で固定し、

親指・人差し指・中指で水平に回転操作を行い、

太鼓についている棒を回転させます。

この動作は鉛筆を持ったり、箸を持つときにつながります。

試しに鉛筆をもって、小指と薬指をまっすぐ伸ばして

字を書いてみてください。

とても書きづらいはずです。

字を書く際には、小指・薬指の固定があるからこそ、

他の指が安定して自由に動くことができます。

 

でんでん太鼓を両手で動かす場合には、

竹とんぼとも重なりますが、左右の手の協応動作となります。

およそ4歳頃の発達となりますが、右手と左手の協応動作が

確立し、右手と左手が別々の動きをしながら、

一つの動作をまとめあげていくことが可能になっていきます。

この時に左右の手の力のコントロールも一緒に学べます。

どちら一方の手だけ回す力が強いと、

リズムよく続けて太鼓を鳴らすことは難しいです。

意図的にアクセントをつける場合は別ですが、

左右同じくらいの力を掛けることが大切になります。

 

■コマ

紐を巻いて使うコマもおススメですが、

まずは、紐無しのコマから遊んでみるのがおススメです。

紐無しのコマは、親指、人差し指、中指の3本指を使って

つまんで回します。

勢いよく回すには「つまみながらひねって離す」

という動作が求められます。

日常生活においてこの3本指の動きはとても重要になります。

お箸を使う・鉛筆を持つ、衣服の着脱など。

コマで遊ぶことを続けることで、

この3本指の力にもつながっていくとされています。

 

また、紐を巻くコマになると、3本指の力に合わせて

体幹、肘、手首の連動性や力加減・タイミング(リズム感)も

遊び込むうちに少しずつ身についていきます。

 

ぜひ、伝承遊びもお試しあれ!

 

参考文献:研攻一・佐藤由紀,『幼児の技術能力(技能)を育てる保育の試み -コマ回し教材を使って-』, 羽陽学園短期大学紀要 第10巻 第1号(通巻35号)2015年2月file:///C:/Users/HIDAI-PC/Downloads/6_togi-sato.pdf (2020/12/14)

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #伝承遊び

 

 

2020年

12月

13日

【昔ながらの遊びをやってみよう①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【昔ながらの遊びをやってみよう①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

けん玉やコマ回し、竹とんぼなど、昔から伝えられてきた遊びを

ふと思い出して、懐かしいな~と思ったことはありますか^^?

 

近年、けん玉やコマ回しなど、昔からお子さんたちに

親しまれ伝えられてきた遊びが消えつつあると思います。

原因としては、お子さん達を取り巻く環境の変化

(時間、空間、仲間の三間の減少など) だけでなく、

TV・スマホゲームの出現など遊びの質的な変化も

あるとされています。

 

もちろん時代とともにお子さんの興味や関心は

時代や環境に応じて変化していくものだと思いますし、

必要なことだと思います。

ただ、伝承遊びがお子さんたちの遊びの中から

消えてしまうのは少し残念な気がします。

まずはお子さんが伝承遊びの面白さを体験できる場を設け、

実体験することが必要だとおもいます。

 

伝承遊びのひとつに、昔ながらの木や竹を使った玩具があります。

※プラスチックや牛乳パックなどでも作れます。

でんでん太鼓

竹とんぼ

かわり屏風

コマ

遊んでいる姿を見ることは少なくなってきましたね。

 

上記の遊びは特に手・指の発達につながる遊びだと考えています。

それは、小指側で固定し、親指・人差し指・中指で操作する。

また、手首を内外に返すなどの要素が入っているからです。

 

次回は詳しく遊びに含まれる要素を解説していきたいと思います。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #伝承遊び

 

 

2020年

12月

03日

【ビリビリ紙ちぎり遊び①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【ビリビリ紙ちぎり遊び①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

皆さんは、小さいころ、新聞紙や折込チラシを丸めたり

破いたりして遊んだことはありますか?

私は、父親が両手で新聞紙を持っていて

それを手でチョップしてビリビリッと破る遊びを

よくしたのを覚えています^^

特に1~2歳ごろの子は、紙を破ったりして遊んでいます。

それを食べないか心配になりますが…

 

紙破りはいくつかの感覚情報が得られたり、

手先の発達や手先を動かすスキルを高める活動(遊び)

になります。

紙を破くと「ビリビリ」と音がなり(聴覚刺激)、

手には「ビリビリ」と微振動が伝わってきます(触覚刺激)、

また目で見た時に自分の手で紙が切れていく様子が

見えたり、どこを持つかなどの視覚的な判断も

必要になります。(視覚刺激)

そして、紙を破るためには指先の細かな動きや

力加減の調整が必要になります(固有覚)

 

指先を使うことは、脳の活性がにつながることは

近年の研究からも明らかとなってきました。

脳内で手をコントロールするための領域は

足などに比べてもとても広く、

手を使った活動を行うことは、脳の広い領域を使うことになり

脳の活性化につながるとされています。

 

次の投稿では、お子さんも大人も楽しめる紙ちぎり遊びをご紹介します♪

 

参考文献:久保田競・久保田カヨ子,『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法――感性豊かな脳を育む五感トレーニング』,,ダイヤモンド社2016

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #手先

 

 

2020年

12月

01日

【注意力って何だろう?②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【注意力って何だろう?②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿では、注意力の5つの機能

(①感度②選択制③転導性④持続性➄制御)について書きました。

生まれたての赤ちゃんに高次な注意力はまだ備わっていません。

注意力の持続については、

・幼児期…年齢+1分

・小学校低学年…15分程度

・小学校高学年…25分程度

・中学生…30分程度

・高校生…45分程度

とも言われています。

 

これは、柳沢運動プログラム運動保育士認定講座の中でも

お伝えしている、脳の興奮型・抑制型の発達とも関係しています。

幼児期のお子さんの脳は不活発型・興奮型が大半を

占めているため、抑制・制御を学び中の期間となります。

もちろん、お子さんが好きなこと・興味がとてもある

内容であればこの通りではありません。

 

注意力を高めていくには、睡眠・食・休憩・遊ぶ時間などの

お子さんの生活習慣を整えていくことも大切です。

また、お子さんは意識を切り替えていく転導性の機能も

大人に比べると切り替えが難しいこともあります。

不安なことや、気になることがあるとそのことで

一杯になってしまうことが大人よりも多いことも、

大人が知っておいてあげる必要があると思います。

 

そして、お子さん達は大人の言葉の影響を大きく受けます。

日頃からかけているお子さん達への言葉を

少し見直すことも、注意力を高めていく上での

ポイントとされているのでおススメですよ♪

 

参考文献:小嶋知幸,『図解やさしくわかる言語聴覚障害』, ナツメ社,2016

川口翔吾, 【子どもの集中力を高める方法。こんなコツがあります!』,2019.8.9,

ttps://www.nobiru.jp/.../enhance-children-concentration.php (参照:2020・11・30)

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #注意力

 

 

2020年

11月

29日

【注意力って何だろう?①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【注意力って何だろう?①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

皆さまも、お子さんの注意力を高めるために、

環境整備などいろいろと工夫をこなしていると思います。

では、注意力とはどのような力のことなのでしょうか。

今回は注意力とはどのような力なのかについて書いてみました。

 

まず、注意力には

①感度②選択制③転導性④持続性➄制御の5つの機能があります。

①感度とは

 周囲の情報に気づく力です。

 例えば、机の物が落ちたことに気づく・遠くで救急車の

 サイレンが鳴っていることに気づくなどです。

②選択制とは

 様々な情報の中から一つだけを選択して意識を向ける力です。

 救急車のサイレン音で例えると、自分の近くにいる友達の声や

 物音ではなく、遠くで聞こえる救急車のサイレンの音に

 意識を向けるなどです。

③転導性とは

 今まで意識を向けていたモノから違うものへ意識をそらせる力です。

 例えると、上記の救急車のサイレン音に意識を向けていたのを、

 話しかけてきた友達の声に意識を変えるなどです。

④持続性とは

 言葉の通り、意識を持続させる力です。

 救急車のサイレン音は鳴っているけど、

 友達と会話をしているので会話に意識を向け続けるなどです。

➄制御とは

 複数の作業を同時進行で進めていく力です。

 ワーキングメモリーの力ともつながりますが、

 一つの進めている作業内容を一旦止めて脳内に保存しておき、

 別の作業後に再び呼び出して作業を進めていくなどの

 高次な機能になります。

 

注意力といっても、意識を向ける力や、

意識を切り替える力・続ける力などいくつかの機能が含まれています。

お子さんがどの機能が育ってきているのか、

得意なのかも捉えつつ、育ってきている部分にも

しっかりスポットライトを当てられるといいですね!

 

参考文献:小嶋知幸,『図解やさしくわかる言語聴覚障害』, ナツメ社,2016

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #注意力

 

 

2020年

11月

25日

【成長と体のイメージについて②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【成長と体のイメージについて②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿で、ボディイメージに含まれているのは自分自身の体の

「輪郭・部位・サイズ・力加減・曲げ伸ばし状態・身体の軸の傾き加減」

で、自己概念を形成している要素の一つであり、

ボディイメージは運動の場面だけでなく

生活動作とも深い関係があることをお伝えさせていただきました。

 

では、ボディイメージはどのように作り上げられていくのかを

お伝えできればと思います。

ボディイメージが作られていく過程では、前庭覚・触覚・固有覚の

基礎感覚の統合が重要になります。

基礎感覚の統合とは、それぞれの感覚情報をまとめて

使いやすいように処理することを指します。

 

実際には、自分の身体を動かしながら

様々な環境に挑戦することがおススメです。

高いところに登ってみたり、狭いところに入ってみたり

ぶら下がってみたり、転がってみたり、

お子さんなら公園のいろいろな遊具で遊んだり、

親子で遊ぶのも良いですね!

着替えもボディイメージを育てるにはおススメです。

狭い袖口に手を通し、身体をひねったりしながら

服を着ていくのも基礎感覚の統合に繋がりますよ!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #ボディイメージ

 

 

2020年

11月

23日

【成長と体のイメージについて①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【成長と体のイメージについて①】

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

みなさんは、自身が保育園時代によく通っていた公園や

小学校時代の机や椅子・校庭の固定遊具などの

思い出の場所やモノはありますか。

もし、そこに行ける機会があれば密を避けつつ

一度足を運んでみてください。

 

当時はものすごく高く感じたり、急斜面に感じたり、

大きく感じた個所も大人になって久しぶりに訪れ触れてみると

「あれ?こんなに低かった小さかった?」と感じると思います。

これは、成長とともに私たちのボディイメージが

変化しているからです。

 

ボディイメージに含まれているのは、自分自身の体の

「輪郭・部位・サイズ・力加減・曲げ伸ばし状態・

身体の軸の傾き加減」で、自己概念を形成している要素の一つです。

また、ボディイメージには自分自身が

・どれくらいくらいこの動きができるか

・どれくらい早く走れるか

・どれくらい重いものを持ち上げられるか

・どれくらい跳べるか

などの体の機能に関する知識も含まれます。

 

ボディイメージは運動の場面だけでなく

生活動作とも深い関係があり、

「箸が上手く扱えない」「食べこぼしが多い」

などがあった場合、「手を思うように動かしにくい」という

ボディイメージの問題が背景にある可能性もあります。

 

乳幼児期のお子さんの遊びを見てみると、

遊具の隙間や容器の中に身体を入れる遊びを

行っていることを目にすることもあると思います。

環境との関わりの中で、自分自身の体の大きさを

少しずつ認識していくんです。

 

脳科学者で諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授が

「最初の他者は自分自身」と述べているように、

環境に関わりながら自分自身を知ることで、

友達などの他者にも関われるようになっていくのではないでしょうか。

 

乳幼児期には、寝返り・ハイハイ・伝い歩き・歩行と

運動発達が進んでいくことで、ボディイメージが

上書きされていきます。

子ども達がボディイメージを認識していける場を確保していきましょう。

 

参考文献:「やさしく学ぶ体の発達part2」,林万リ,全障研出版

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #ボディイメージ

 

 

(FB社員のみ)FAMがこのカルーセルユニットを開発中です。
  • Image
    イラスト指導案の請求フォーム
  • Image
    イラスト指導案の請求フォーム

2020年

11月

21日

【身体を動かすことを楽しもう!②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【身体を動かすことを楽しもう!②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の内容でゴールデンエイジについてお伝えいたしました。

プレ・ゴールデンエイジの時期には、

多種多様な遊びの経験をすることが大切になります。

柳沢運動プログラムの中では、基礎の動きとして

クマ・カエル・ウサギ・カンガルー・ワニに

なりきって遊びを行います。

クマの動きであれば、自分の4本の手足をリズムよく・

順番に動かして遊びます。

ウサギでは、腕振り合わせて両足をタイミングよく上げて跳び、

着地で転ばないようにバランスを取ります。

このような遊びを通して、自身の体を自在に操作できるように

する力、自身の身体からの感覚をとらえる力を

少しずつ身に付けていきます。

 

少し前から「コーディネーション・トレーニング」という

活動が注目を得てきています。

「コーディネーション・トレーニング」はもともと

ドイツ発祥のアスリート向けの運動能力を向上させるための

理論で、2000年代に日本に入ってきたとされています。

お子さんの現場では、「キッズ・コーディネーション・トレーニング」

が普及してきています。

 

私が行う柳沢運動プログラムでも

コーディネーション・トレーニングでも、様々な動きを体験し

そのときに得られた外部からの感覚を組み合わせ、

体の動きや力の加減を状況に応じて調整することを

楽しみながら繰り返すことで、お子さんが自分自身の身体を

扱う力につながっていきます!

 

参考文献:高橋宏文,『子どもの身体能力が育つ魔法のレッスン帖』, メディア・パル,2018

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #コーディネーション・トレーニング

 

 

2020年

11月

20日

【身体を動かすことを楽しもう!①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【身体を動かすことを楽しもう!①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

身体を動かして活動することは、身体を強くするだけでなく、

リフレッシュ効果や、免疫力向上など

心身ともに良い効果につながることが

様々な研究から明らかになってきています。

 

柳沢運動プログラムでは、乳児期・幼児期・学童期の

お子さんに運動遊びを提供していますが、

まさに、0~12.13ヵ月頃までが身体を動かすには

とてもいい時期になります。

 

みなさんはゴールデンエイジという言葉を耳にされたことはありますか?

ゴールデンエイジは、神経系が成人に近いレベルまで

著しく発達する時期のことをさします!

ゴールデンエイジはプレ・ゴールデンエイジと

ゴールデンエイジの2つに分かれます。

まず、プレ・ゴールデンエイジは、神経系の発達が著しい

2歳頃から9歳頃をいいます。

神経回路が発達著しい時期です。

この時期のお子さんには、多種多様な動きを体験できるようにして

体を動かす楽しみを知ってもらうことで、

その後の動作の習得や専門的な技術の上達へと

つながっていきます。

 

次に、ゴールデンエイジは10歳~12歳頃をいいます。

プレ・ゴールデンエイジで身に付けた基礎をもとに

高度な動きを習得していく時期になります。

神経系の発達がほぼ完成し、動きの巧みさを身につけるのに

最も適している時期です。

また、この時期は精神面でも自我の芽生えとともに

競争心が旺盛になってくる時期なので、

高度な技術を身につけるお子さんも見られます。

ただ、筋力や関節は未発達なので、

過度なウエイトトレーニングなどには注意が必要です。

 

参考文献:高橋宏文,『子どもの身体能力が育つ魔法のレッスン帖』, メディア・パル,2018

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #ゴールデンエイジ

 

 

 

2020年

11月

14日

【6本ある目を動かす筋肉を動かして…】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【6本ある目を動かす筋肉を動かして…】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

本日も、長野市教育委員会主催の親子運動遊び講座がありました。

今年は「自粛期間でもできるお家遊び」をテーマにお話をしていますが、

内容の中に、スマホ・ゲームとのお付き合いの仕方を入れています。

 

私たち大人にとっても、日常・ビジネスシーンでスマホは

必要不可欠!!というぐらい必須アイテムに

なってきていることかと思います。

ただ、その付き合い方によってお子さんの思考力低下や

忘れ物・ケガなどに繋がる可能性があるとしたらどうでしょうか?

 

目の働きをしている筋肉は外眼筋と呼ばれ、

6本の筋肉(上直筋、下直筋、外直筋、内直筋、上斜第、下斜筋 )

の働きにより、目を様々な方向へ動かすことができます。

スマホなどの機器を見続けているとき、

私たちの眼球の筋肉はほとんど動いていないとされています。

※ビジョントレーニング用のアプリを使っているときなどは別です。

 

脳科学者の加藤先生は

「人は目を動かすことで思考を変えており、

目を動かさないと思考を変えられません。

スマホへの依存性が高まり、小さな枠から逃れられなくなります。

空間認知能力や注意力が低下し、忘れ物が多くなり、

電車から降りたら人にぶつかるといった行動が起きます。」

(加藤俊徳,2018)と警鐘を鳴らしています。

 

運動や、学習、生活に視覚機能は大きく影響します。

スマホを使う時間、実際に屋内外でボール遊びや、

鬼ごっこなどの遊びを行う時間のバランスを

大切にすることが大切になります!

 

柳沢運動プログラムでは、手と目を使う活動や、

動くものを見て遊ぶ活動なども含まれ、楽しみながら

お子さんの目も含めた心身の成長のサポートを行うことが出来ます。

ぜひ、運動遊びの習慣をつけてみてください♪

 

 

【引用文献】

加藤俊徳,「成長する脳、しない脳―脳科学者・加藤俊徳氏が提唱する100歳まで成長する脳トレ」,mugendai,木代康之(文) (最終閲覧日:2020年11月12日), https://www.mugendai-web.jp/archives/8838.

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

 

2020年

11月

12日

【脳が働きにくくなる4つの状況】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【脳が働きにくくなる4つの状況】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

お子さんと活動している中で、

「ふざけているように見えるな…」「集中して欲しいな…」

「機嫌が悪いな…」と大人が思う場面があるかと思います。

それは、もしかするとお子さんからの一種のSOSかもしれません。

 

脳科学と心理学を応用した精神療法を実践してきた

精神科医のダニエル・J・シーゲルとティナ・ペイン・ブランソンは

脳が働きにくくなるときを「すいさつ」に例えてまとめています。

その4つとは、「お腹が『す』いている、『い』らついている、

『さ』びしい、『つ』かれている」の4つです。

 

お子さんを見ていて、この「すいさつ」の状態に

当てはまる時は、「集中していない」でなく、

「今はできる状況じゃない」とシーゲルとブランソンは言っています。

時には、一度立ち止まって、お子さんと遊びをしてみたり、

休憩してみても良いと思いますよ!

 

 

参考文献:ダニエル・J・シーゲ,ティナ・ペイン・ブランソン,『子どもの脳を伸ばす「しつけ」 ~怒る前に何をするか--「考える子」が育つ親の行動パターン~』,大和書房,2016

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #脳の特性

 

 

2020年

11月

11日

【運転の仕方を覚えてます!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【運転の仕方を覚えてます!】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

高いところに上ってジャンプをしたり

狭いところに入ってみたり

いろいろなところにぶら下がってみたり

と、大人がヒヤヒヤしていることでも

お子さんたちは楽しそうに遊んでいます。

 

それは、感覚入力をしているものでもありますが、

自分の身体の限界値を知ろうとしたり、

どの程度動かせるのかを試しているのだと思います。

お子さんが、動きの中で自分自身の現在の能力と向き合って、

少し怖いな…危ないな…と感じながら、

少しずつ身体を操作していく経験の積み重ねこそ、

将来のお子さんたちの安全につながると思います。

 

始めから完璧に身体の操作ができるわけはありません。

作業療法士の木村順先生は、身体の扱い方を車の運転に

例えてお話しされることがありますが、

子ども達はまだ、自分の身体の運転の仕方を知りません。

まさに免許取得真っ最中で、あちこちぶつけるし、

擦るし、アクセルとブレーキも間違えるし、

危なっかしいこともあります。

確かに大人が見ていて冷や汗が出るときもあります。

しかし、大人が四六時中お子さんの側にいて

危険を排除し続けるのは不可能ではないにしても難しいことです。

自分自身で行ってみるからこそ、そこからフィードバックして

学び成長につなげられます。

 

もちろん怪我をしなさいということではありません。

大きなケガをしない環境設定を行い、私たち大人は

「気を付けて楽しく遊びな~」

と声を掛け見守ることも大切なのでしょうか。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

11月

10日

【トカゲ鬼】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【トカゲ鬼】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

しっぽ取りというと、背中側のズボンにしっぽとなる紐や

タグを入れて、自分のしっぽが取られないようにしながら

お友達のしっぽを取りに行くといった遊びです。

 

今回はそのアレンジ遊びについて紹介します。

遊び方は

①トカゲ(しっぽをつける子)としっぽを持つ子に分かれます。

②トカゲ役の子は、しっぽ取り同様に

 背中側のズボンにしっぽを入れます。

 しっぽを持つ子は、トカゲ役の子のしっぽの先を持ちます。

③合図でトカゲ役の子は逃げます。

 しっぽを持つ役の子は、しっぽを持ったまま

 トカゲ役の子を追いかけます。

 逃げる時間は5~10秒間です。

④トカゲ役の子は制限時間内にしっぽが取れれば勝ちです。

 しっぽを持つ子は制限時間内でしっぽが取れなければ勝ちです。

 

この遊びでは、瞬発力や持久力、踏ん張る力、重心移動

などの力につながります。

トカゲ役の子はいかにしっぽを持っている子を振り切れるか、

しっぽを持つ子はいかにトカゲ役の子について行けるか

が重要な遊びです!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

11月

08日

【視力と視機能】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【視力と視機能】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

最近ではお家にいる時間が長くなり、

メディア機器に長い時間触れる場合、

お子さんの視力が低下しないか心配な親御さんも

いらっしゃるかと思います。

 

まず、視力とは物の形態を識別する能力のことを指します。

もちろん視力も大切ですが、

視覚機能もとても大切な目の機能です。。

それも学校で必要な目の機能とは何かをご紹介いたします。

 

我々の目は小さな6つの筋肉

(上斜筋・上直筋・内直筋・外直筋・下直筋・下斜筋)で

コントロールされています。

片目だけでは物を立体的に捉えられない為、

左右12個の筋肉が連携し合うことで、

なめらかで複雑な目の動きが可能となります。

そして、目には様々な機能が備わっており、

それらを上手く組み合わせて使うことで

学習や運動を効率よく行うことが出来ます^^

 

●固視

自分が見たいものに目を向け、その対象を見続ける。

事例:見本を見る、相手の顔を見る。

●追視

動く物・並んでいる物に視線を向け続け、

動きに合わせて追い続ける。

事例:ボール遊び全般、教科書の字を読む。

●輻輳(ふくそう)

目の前の対象に両目のピントを合わせるため、目が鼻側へ集まる。

事例:黒板から自分のノートに視線を移す。

●サッケード性運動

現在見ていない別の対象物に瞬間的に視線を向ける。

事例:お手本と自分が書いている文字を見比べる、

本を読む時に行の最後から次の行へ視線を移す。

●中心視

意識してものを見る時に使います。

一点を凝視することで色や形を正確に捉えることが出来る。

●周辺視

景色を見たりなど、動作時に無意識にぼんやりと

見ている時に使います。中心視の周辺部の広い範囲の動きや

位置を捉えることが出来ます。

動いている物や光に対して反応が速いのが特徴です。

 

学習に必ず必要になる目の上記の機能や動きは、

「ビジョントレーニング」といった訓練でも向上できますが、

現代の子に失われつつある遊び・・・

鬼遊び・固定遊具遊び・ふれあい遊びなどを

幼児期からたっぷり経験させてあげることで、

就学前から視覚機能を向上させることが出来ますよ!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #視機能 #目の話

 

 

2020年

11月

04日

【ふれあいがもたらす幸福②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【ふれあいがもたらす幸福②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

先日の投稿では、ふれあい遊びがもたらす

脳への影響などをお伝えしました^^

では、実際にふれあい遊びを行う際のポイントは

どのような点なのかをお伝えいたします!!

 

まず、ふれあい遊びのポイントとしては

1 短く繰り返しが多いもの。

2 遊び方に応用性、創造性があるもの。

3 動きが愉快なもの。

4 ストーリーになっているもの。

5 いつでも、どこでも、どんな用具も準備もなしに

 すぐに遊ぶことができる。

6 勝ち負けや出来たできないではなく、

 ふれあうことそのものを楽しむもの

 が挙げられます。

 

「こうやらなければいけない」「見本の通り動けなければいけない」

など大人が縛られすぎてしまうと、

“遊び”として楽しみにくくなってしまいます。

ふれあい遊びをする前には、大人の方が少し肩の力を抜いてから

行っていただくと良いと思います♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

11月

03日

【ふれあいがもたらす幸福①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【ふれあいがもたらす幸福①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

今年は、様々な生活様式が変わりましたね…

これからの季節、外出自粛が懸念されますが、

ぜひお家での親子ふれあい遊びを行ってもらいたいと

私たちは思っております!

 

ふれあい遊びをおススメ理由の一つに、

【人間らしさを育む】ということがあります。

最近の脳研究から、私たちの「心」といわれている部分は

脳の前頭葉(おでこの裏当たりの部位)であることがわかってきました。

 

この前頭葉を育てるには、小さいころから人と関わる

経験をたくさん積み、認められたり、

社会的ルールを教えられたり、時には叱られたりすることが

極めて重要であるとされています。

また、ふれあいには幸福ホルモンとされている

「オキシトシン」と言うホルモンを分泌する効果も期待できます!

 

オキシトシンは視床下部内で合成され、

下垂体後葉から分泌されるホルモンです。

「幸せホルモン」の効果は、

• 気分が明るくなる(幸福感)

• ストレスの緩和

• 不安や恐怖心の減少

• 他者への信頼度が上がる

• 社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる

• 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる

• 学習意欲と記憶力向上

• 心臓の機能を上げる

• 感染症予防につながる

 

道具が無くても、ふれあい遊びはできます!

ふれあい遊びで脳をより幸福脳へしていきませんか?

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

 

2020年

10月

31日

【人における遊びとは②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【人における遊びとは②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿で、遊びについての定義(カイヨワによる)を

お伝えいたしました。

① 自由な活動

遊ぶ本人(仲間)が強制されない活動である。

②隔離された活動

あらかじめ空間と時間が決められている。

③未確定の活動

ゲーム展開が決定されていたり結果が分かっていてはならない。

④非生産的活動

ゲーム内限定の財産の移動を除いてゲーム開始時と何も変わらない。

⑤規則のある活動

ルールに従って行う。

⑥虚構の活動

日常と比較して明確に非日常であるという認識のもとに行う。

 

私たちが遊びを行うとき、「楽しさ」「面白さ」を私たちは感じます。

では、その面白さとは??

オランダの歴史家、ヨハン・ホイジンガは

【人が遊びにのめりこむ迫力、人を夢中にさせる力の中にこそ

遊びの本質がある。そしてそれは、緊張の弛みを求めるので はなく、

むしろ緊張を求め、そこにこそ歓び、面白さがある】

と断言をしています。

 

自分が熱中する遊びを行うときは、集中し、場面によっては

緊張する場面を自分で作りだし、その雰囲気を楽しんでいますよね!

例えば、ドミノ倒しで長いコースを作ってみたり、

積み木を高く重ねてみたり、

線からはみ出さないように色を塗ったり、

遊びの中では、むしろ緊張を高めることが面白さでもあります。

 

みなさんは、保育園・幼稚園時代にどんな遊びが好きでしたか?

ごっこ遊び・折り紙・お絵描き・ボール遊び・

塗り絵・鬼遊び・水遊び・泥遊び…

その遊びの遊び方は全て誰かに教えてもらって

その通りに遊んでいましたか?

きっと、入り口は大人にやり方を教わっていたと思います。

しかし、ある程度その遊びができてくると

自分で遊び方や行い方を変えて、

オリジナル遊びに変化させていたと思います。

それが楽しさであり、遊びの面白さでもあります。

 

安定した形を壊し再構築していく、

作って壊して作って壊して

その中で、新しい気づきや体験ができ、

他者とのかかわりが生まれたり、道具や環境に対して

適応出来たりしていくのだと思います。

 

参考文献:林万リ,『やさしく学ぶからだの発達Part2』,全障研出版

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #遊び

 

 

2020年

10月

30日

【人における遊びとは①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【人における遊びとは①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

たびたび、お子さんの成長に必要な要素として

取り上げられる「遊び」の大切さ…

 

では、遊びとは何なのでしょうか?

フランスの社会学者でもあり、哲学者のロジェ・カイヨワは

遊びの概念を6つ分けて定義しています。注1)  

①自由な活動。

すなわち、遊技者が強制されないこと。

もし強制されれば、遊びは たちまち魅力的な愉快な楽しみ

という性質を失ってしまう。  

②隔離された活動。

すなわち、あらかじめ決められた明確な空間と時間の

範囲内に制限されていること。  

③未確定の活動。

すなわち、ゲーム展開が決定されていたり、

先に結果が分かっていたりしてはならない。

創意の必要があるのだから、ある種の自由が必ず、

遊技者の側に残されていなければならない。  

④非生産的活動。

すなわち、財産も富も、いかなる種類の新要素も

作り出さないこ と。遊戯者間での所有権の移動をのぞいて、

勝負開始時と同じ状態に帰着する。  

⑤規則のある活動。

すなわち、約束ごとに従う活動。

この約束ごとは通常法規を停止し、一時的に新しい法を確立する。

そしてこの法だけが通用する。  

⑥虚構の活動。

すなわち、日常生活と対比した場合、二次的な現実、

または明白に非現実であるという特殊な意識を伴っていること。

 

少し難しいですね…!

もう少し優しくすると

① 自由な活動

遊ぶ本人(仲間)が強制されない活動である。

②隔離された活動

あらかじめ空間と時間が決められている。

③未確定の活動

ゲーム展開が決定されていたり結果が分かっていてはならない。

④非生産的活動

ゲーム内限定の財産の移動を除いてゲーム開始時と何も変わらない。

⑤規則のある活動

ルールに従って行う。

⑥虚構の活動

日常と比較して明確に非日常であるという認識のもとに行う。

 

という定義です。確かに、私たちがイメージする遊びと

一致するのではないでしょうか。

この「遊び」こそ、お子さんたちにとっての成長に欠かせない要素です!

 

 

注1)R.カイヨワ著、多田道太郎、塚崎幹夫訳『遊びと人間』,講談社学術文庫,1990年(Roger Caillois, Les Jeux et les Hommes (Le masque et le vertige), edition revue et augmentee. Gallimard,1967),40-41項

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #遊び

 

 

2020年

10月

28日

【脳トレだけしたらどうなの!?②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【脳トレだけしたらどうなの!?②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿では、ロンドン大学の研究では

【脳トレを続けたグループでは、ゲームの成績は向上したけれど、

ヒトの倫理的思考や短期記憶を調べた認知テストの成績は

ほとんど向上しなかった】

という結果でした。

 

他にも、脳トレに関しては2019年5月16日に

老年精神医学の学術誌『International Journal of Geriatric Psychiatry』

に掲載されたエクセター大学(イギリス)および

キングス・カレッジ・ロンドンの研究があります。

この研究によると、クロスワードパズルや数独などを

定期的に行なっている50歳以上の人は、

よりシャープな脳を持っているとのことです。

 

研究者らは19,000人を超える参加者に対し、

どのくらいの頻度で言葉と数字のパズルを行なっているかを

たずね、認知テストを実施しました。

テストの結果、パズルに定期的に取り組んでいる人ほど、

注意力・推論力・記憶力を評価するタスクが優れていたそうです。

取り組んでいない人に比べて、平均して8歳若い脳機能を

持っていることがわかったそうです。

 

研究を率いたエクセター大学医学部のアン・コーベット博士は

「単語と数字のパズルで遊ぶ習慣が必ずしも認知症のリスクを

減らすとは言えないが、今回の研究は、これらのパズルが

脳機能維持を助けると示した過去の発見を裏づけている」

と説明しています。

 

定期的にパズルなどの脳トレを行うことがいいことは

わかってきていますが、嫌々無理やり行うことは

脳にとってストレスとなり、逆効果になる可能性もあります。

自分の興味のあるもの、すきなもので行うのが大切です!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #脳トレ #脳機能

 

 

2020年

10月

27日

【脳トレだけしたらどうなの!?①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【脳トレだけしたらどうなの!?①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

“脳トレ”

皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

脳トレとは、言葉の通り、脳を鍛える訓練です。

脳に、適度に負荷をかけること(楽しさやおもしろさが大切です。)

で脳機能が向上し、子どもの能力向上、脳の老化予防、

認知症予防、認知症の方の能力維持に

つながっていくとされています。

 

ロンドン大学などの1万人以上を対象にした実験では、

「コンピューターを利用した脳トレは、健康な人の思考力は

記憶などの認知機能を高める効果は期待できない」というものです。

脳トレは日本のみならず、世界的にブームになっていますが、

今まで大規模な検証はほとんどありませんでした。

 

この実験では、18~60歳の健康な1万1430人を対象にして

英国で販売されているコンピューターゲームごとに

結果を調べました。

■1つ目のグループは積み木崩しなどを使った論理的思考力や

 問題解決能力を高めるゲーム、

■2つ目のグループはジグソーパズルなどを使った

 短期記憶や空間認識力を高めるゲーム。

■3つ目のグループは、脳トレとは無関係のゲームを行わせました。

 

その結果、脳トレを続けたグループでは、

ゲームの成績は向上したけれど、ヒトの倫理的思考や

短期記憶を調べた認知テストの成績は

ほとんど向上しなかったというのです。

ゲームでの点数が伸びてコツを覚えることができても、

簡単にヒトの能力はアップしないので、

日頃のコミュニケーションや親の声掛けが一番大事だ

ということを示しているのかもしれません。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #脳トレ #脳科学

 

 

2020年

10月

23日

【いい姿勢になりなさい!のいい姿勢ってどんな姿勢?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【いい姿勢になりなさい!のいい姿勢ってどんな姿勢?】

 

みなさん、こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日、市の事業の親子講座の中で親御様から姿勢について

ご質問を数件いただきました。

「いい姿勢になるためにはどうすれば良いか?」

という内容です。

 

今回は姿勢についてお話をしていきたいと思います。

「いい姿勢になるためにどうすればいいですか?」に対し、

まずいい姿勢とはどのような姿勢でしょうか?

良い姿勢とは、左右への体重の偏りがなく、

足がまっすぐと伸びて、骨盤に上半身が乗り、

その上に頭が乗る一直線の姿勢が理想的な良い姿勢です。

 

その理想的な姿勢を取ることで全身の関節、筋肉の負担が

少なくなり、一部分が痛むということも無くなっていきます。

どこかに偏りがあると、一箇所に負荷がかかり、

こりや痛みとなって現れます。

 

いい姿勢をイメージで言うと、頭の上から糸で吊り下げられて

いるようにイメージして立つだけです。

大体、1センチぐらい上に引っ張られているイメージで

肩の力を抜くと、ちょうど全身の力が抜けて

体の軸が取れいい姿勢に近づきます。

 

ただ、いくら良い姿勢を取っていても、

長時間同じ姿勢でいると固定的な姿勢のため筋肉がこわばり、

血流が低下します。

すると、慢性的な疲労や痛みにつながってしまいます。

なので、良い姿勢だけではなく、

定期的に姿勢を変えることが必要です。

大人であれば、デスクワークの途中で

少しストレッチをしてみるなどなど^^

 

そして姿勢は骨格によって違うので、

他の人と比べる必要は有りません。

それぞれ理想的な楽な姿勢があります。

 

姿勢を保つためには、骨格を支えるインナーマッスル

(コアユニット)の働きがとても重要になります。

イメージしやすい動きでいうと赤ちゃんのハイハイがあります。

這う動きはインナーマッスルを働かせるためにも大切な動きです。

ぜひお家で取り入れてみてください。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #いい姿勢

 

 

2020年

10月

17日

【運動能力を高める!?非日常の動き②】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【運動能力を高める!?非日常の動き②】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

先日の投稿で、運動発達には階層があり

第一・二は日常生活の中で身に付けることが出来る部分

と言うことをお伝えいたしました。

では、その上の第三・四の動きについては、

どのような活動で身に付けることが出来るのかお伝えしていきます。

 

第三・四の階層では日常生活の中ではあまり経験しない

非日常的な動きとなります。

要素の異なる運動を組み合わせて行うものとなり、

トレーニングや反復が必要になります。

例えば、

・逆さまになってみる

・木にぶら下がって揺れてみる

・高いところからジャンプしてみる

などです。

 

この非日常的な動きをたくさん経験することが、

子ども達の運動機能を伸ばしていく上で

とても大事なこととなります。

時代も変わり、一昔前まで日常だったことが

今では非日常になりつつあります。

これからは、非日常的な動きが基礎・協応運動を

伸ばしていくカギとなってくることでしょう!

 

参考文献:『「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム基本編』,柳沢秋孝,オフィスエム

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

10月

16日

【運動能力を高める!?非日常の動き①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【運動能力を高める!?非日常の動き①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

私たちが普段何気なくしている、座ったり、立ったり、

歩いたり、箸を使って食事をしたり、

スポーツをしたりする動作は、赤ちゃんの頃には

できなかった動作ですが、運動面の発達により獲得した動作です。

 

運動能力を発達させていくためには、

いくつかの運動行動の段階があります。

第一階層「反射運動」0~1歳(つかむ等の反射)

第二階層「基礎運動」1~5歳(手を伸ばす→はなす)

第三階層「協応運動」4~10歳(つかむ→投げる)

第四階層「熟練運動」10歳以上(跳びながら取る→投げる)

 

階層が上がるほどより複雑な身体の動かし方となります。

第一・二までは、日常生活の中で自然と身に付いていく

運動段階とされています。

ただ、自然と身に付けていくといっても

全く経験しないで身に付けられるわけではありません。

経験する回数が多い動作だからこそ、

得とくできる動作になります。

日常生活のなかでも経験する回数が少なければ、

身に付けることが難しいということにもなります。

 

動きの基礎となる第一・二を飛ばして次の階層にいくのは

お子さんにとっても負担になりますし、

ケガのリスクも増えてしまいます。

まずは、基礎となる基礎運動の部分を

日常の中から経験できることが大切になりますね!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

10月

15日

【今と昔の噛む】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【今と昔の噛む】

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

毎日の食事の場面で「噛む」ということは必ず行っていると思います。

では、昔と今とでは一回の食事での噛む回数は

どのように変化してきているかご存知でしょうか。

 

今は昔の6分の1ほどまで噛む回数が減ってきています。

噛むという動作は、咬筋・側頭筋が主で働き

表情筋や首や肩の筋肉と連携してできています。

そして、噛むという動作をコントロールしているのは脳です。

ですので、たくさん噛んで食べるということは

子ども達の脳を活性化することにも繋がります。

 

また、たくさん噛むことで「セロトニン」という

ホルモンが分泌されます。

このホルモンは、緊張の緩和・ストレスの緩和解消などの

効果があり、セロトニンはリズミカルな運動をすると

分泌が促されると言われています。

 

楽しい笑顔あふれる食事中にちょっと噛むことを意識してみたり、

噛み応えのある食材を出してみるなどすることで、

脳を含め身体全体を健康にすることができますよ!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経

 

 

2020年

10月

13日

【基礎代謝の基礎とは】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【基礎代謝の基礎とは】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

私たちの身体は、運動時においても安静時においても

エネルギーを消費し続けています。

安静時におけるエネルギー消費量の比率は

骨格筋 約20%

肝臓 約20%

脳 約20%

腎臓 10%

心臓 約10%

脂肪組織 約5%

その他 約15%

とされています。

 

脳や腎臓はその体積こそ体の中では小さいですが、

使うエネルギー量はかなり多いです。

つまりは、それだけ体の中で重要な器官であるということです。

脳にとっての栄養はブドウ糖(グルコース)です。

多くのエネルギーを消費する脳に栄養が届かなかったら

どうなるかは想像できますね…

 

参照:厚生労働省e-ヘルスネット「ヒトの臓器・組織における安静時代謝量」, 糸川嘉則ほか 編 栄養学総論 改定第3版 南江堂, 141-164, 2006.

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経