ヘッダー画像

ブログ

2018年

10月

16日

スムーズな上達には目標の明確化がポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に新しい運動を提供する時、年齢によってですが

年長児になれば、目標とするものや目指す形などを

明確に伝えてあげることも大事になります。

そうでなければ、ただだらだらとこなしていくだけで

上達が難しくなってしまいます。

 

具体的な目標があれば、子ども達は自分なりに考えて

チャレンジします。

もちろん最初からうまくできるわけではないので、

転んだりすることもありますが、そういった繰り返しによって

子どもの力がベースアップするので、

次の段階につなげやすくなります。

 

具体的な目標提示と、褒める時も具体的に褒めることで

子ども達の持っている力を引き出し伸ばしていきましょう。

 

 

今日は、私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「クマの反転ジャンプ」をご紹介します。

 

四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢で、

手をついたまま足だけで左右にいったりきたりの

ジャンプをする遊びです。

側転の前段階になる遊びで、腕の支持力が育っていることが

前提の遊びになります。

 

まず両手でしっかり体を支えたら、片足で地面を蹴って

横方向にジャンプをします。

足はバラバラのジャンプで構いません。

足元にビニールテープで四角を2つ描いておき、

それぞれに足を入れたら

左の四角から右の四角へというようにするとわかりやすいです。

 

手を固定したまま、足だけをジャンプさせるのは

意外と難しいので、まずは左右のジャンプを楽しく行ないましょう。

慣れてきたら180度の反転ジャンプを目指して

大きく横方向へジャンプするようにしてみてください。

 

側転につながる動きなので理想は足を高く上げるジャンプですが、

最初から高く上げる必要はありません。

まずは顎を開いて前を見ること、お尻を高く上げること、

手をパーに開いてつくことを大事にして行なってみてください。

 

また、同じ動きを行なっていても子どもの運動能力や

筋力などには違いがあるので、1人1人に合わせた声掛けや

適切な補助、目標設定も行いながら提供していくことが大切です。

 

 

2018年

10月

16日

楽しみながら運動すると“人間の英知”が育つ?? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

身体を使って遊ぶことは
人間らしさを育てることにも繋がります♫

 

#脳科学 #前頭前野 #運動遊び #柳沢運動プログラム #楽しさ #子育て

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です 身体を動かすことが、なんか身体にいいな~と感じている方は多いかと思います。 身体を使った活動には、身体的な好影響だけ…

 

2018年

10月

15日

苦手が好きになった瞬間♪  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

苦手が好きになった瞬間♪


~長野市で出会ったAくん~

 

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12411701839.html

 

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です 本日は、長野市教育委員会主催「しなのきわくわく運動遊び事業」の第5回目の開催がありましたそこで1年生の男の子Aくんと…

 

2018年

10月

15日

〇〇が子どもの運動能力を伸ばす! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が日常的に遊びとしている
○○を意識的に取り入れてみませんか♪

 

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12411494443.html

 

 

 

AMEBLO.JP
こんにちは、運動保育士の比田井です みなさんは、子どもたちとジャンケンゲームしていますか とってもポピュラーな遊びの一つですが、このジャンケンが子どもたちの運…

 

2018年

10月

12日

大人の反応が子どもの言語発達に及ぼす恐ろしい反応とは…  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

大人の反応が子どもの言語発達に及ぼす恐ろしい反応とは…

 

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12411276627.html

 

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です 言葉は私たちの脳に影響を与える要素の一つですが、その言葉の発達が大人の反応によってより加速することが2018年8月に…

 

2018年

10月

11日

ザ・斜め姿勢!  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

3歳未満児から身体を使って遊ぶことはとても重要です!

今回は『斜め』をキーワードにお話しさせていただきます♪

 

 

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12410996475.html

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です 先日、とある保育園にて運動遊び2歳児クラスがスタートしました 今回は2歳~の身体を使った遊びの時のポイントです それ…

 

2018年

10月

11日

逆さになって遊んでみよう!  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

逆さになって遊んでみよう!

見慣れた景色もきっと違う景色にみえるはず♪

こどもにとって、新しいは脳にとって最高の栄養物!

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です 今回は、未満児さん向けのおススメのふれあい遊びです。 未満児さんおススメの遊びその名も… 「逆さ抱っこ」 遊び方は子…

 

2018年

10月

10日

子ども達は大人を見て育つ。  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

こどもたちは

大人の言葉を
大人の表情を
大人の行動を

見て育つ

 

骨・筋肉・内臓などは栄養や適度な刺激を
入れれば元気に育ちます。

しかし「人間らしさ」は
栄養分だけではどうにもならない。

 

問題はこどもたちには無いのかもしれない。

こどもはとても素直に大人の言葉と表情と行動
を実演してくれる。

 

あらためて大人がこどもたちに与える影響力の
強さを感じました。

 

 

http://ningenryokudaigaku.com/…/2018/10/09/kodomonokanousei/

 

 

NINGENRYOKUDAIGAKU.COM
メルマガバックナンバー2018.10.09ningen 【子どもの可能性の伸ばし方】 ツイート シェア はてブ Google+ Pocket おはようございます\(^o^)/ 今日もいつでもどんな時もワクワクさまです(^0^)/ 今日は、大阪の高校で講演をさせて頂.....

 

2018年

10月

10日

他者を意識し関わり遊ぶこと。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

他者を意識し関わり遊ぶ。

”もも”を作って協調性を上げよう!

 

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12410434902.html

 

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です “もも”を作って協調性をあげるですよね… これは、準備運動で行っている遊びの一つです。遊び方は2人で向き合って座る手…

 

2018年

10月

10日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑨ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】
今回は、⑨の『短縄跳び』です。

 

いよいよ、1人で縄を回して跳ぶ遊びになります。

短縄跳びに必要な要素は
★左右の脚を揃える
★左右の脚を揃えて同時に跳ぶ
★縄を眼で捉えてタイミングよく跳ぶ
★自分の腕で縄を回転させる
この4つの要素が必要になります。

①~⑧の遊びで少しずつ上記の4つの要素を
身に付け、短縄跳びを行なっていきましょう。

 

【ポイント】
■両手で縄をもち、片方の足で縄を踏んだ時、
縄が脇もしくは胸の高さになるように縄を調節する
■始めは、回す→跳ぶ→回す→跳ぶを意識して行う

 

【この遊びを行うと】
■調整力
縄が自分の前に回転してくるまで跳ばないように調整できる
■空間認知
連続跳びの時の縄の位置を確認しリズムよく跳べる
■リズム感
回した縄にタイミングをあわせて跳ぶことができる

 

どうしても縄が回せない場合には、⑧の「カウボーイ」遊びで

縄を回す感覚を養う動きを取り入れて遊んでみましょう。

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp


★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 


#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

10日

反射神経&お目目の機能UP遊びをご紹介します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

反応速度UP
お目目の機能UP

場所をとらないおススメの遊び教えます😊

 

詳しくはこちらから>>>

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12410024692.html

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です。 先日、放課後等デイサービス事業所の職員の皆様への定期研修会を実施させていただきました そこでの内容を一つだけお伝え…

2018年

10月

10日

私たちと一緒に『運動保育の輪』を広めませんか?? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちが実施している柳沢運動プログラムは、
長野県松本市にある松本短期大学幼児保育学科の
栁澤秋孝名誉教授が考案した運動遊びプログラムです。

 

私たちは栁澤秋孝名誉教授の想いでもある
「すべての子どもたちに身体を使って遊ぶことを好きになってもらいたい」
という基本理念の元、運動遊びを行なっています。

 

私たちと一緒に『運動保育の輪』を広めませんか??

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12410009668.html

 

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士会の比田井です。…

 

2018年

10月

10日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑧ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】
今回は、⑧の『カウボーイごっこ』です。

 

西部劇に出ているカッコイイ、カウボーイをイメージして
遊んでみましょう。

 

【ポイント】
■縄やタオルを片手で持つ
■縄をたるませないように回転させることができる
■前回し・後ろ回しができる
■右手・左手のどちらの手でも縄を回せる
■慣れてきたら縄の回転に合わせてジャンプしていく

 

【この遊びを行うと】
■調整力
縄が自分の前に回転してくるまで跳ばないように調整できる
■空間認知
連続跳びの時の縄の位置を確認しリズムよく跳べる
■リズム感
回した縄にタイミングをあわせて跳ぶことができる

 

短縄跳びの前段階の遊びとなります。

この遊びで縄を扱う時の腕・肩の動かし方を学んでいきます。

現在、短縄跳びに苦戦しているお子さんがいたら、
是非、カウボーイごっこから遊び込んでみてください。

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp


★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 


#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

05日

赤ちゃんにとって最高の整体って? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

赤ちゃんにとって
■体の成長
■脳の成長
につながり、
大人の老化防止・若返りにもつながる。

それは超簡単な○○だった!

 

 

 

詳しくはこちら↓↓↓

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12409666205.html

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士の比田井です。 以前の記事で皮膚感覚刺激の大切さをお伝えいたしました。 肌は「露出した脳」とも言われるほど、脳にダイレクトに影響を…

 

2018年

10月

05日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑦ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】
今回は、⑦の『大縄跳び』です。

 

実際に回転している縄を跳んでみます。

跳ぶことに慣れてきたら、しりとりをやったりして

意識を他に向けることで、さらにレベルアップして

短縄跳びの上達も早くなるでしょう。

 

【ポイント】
■子どもがひっかからないように大人がタイミングを

 あわせてあげましょう。
■縄を回す大人の方に体を向けてジャンプします。
■縄はできるだけ大きく回してあげましょう。

 

【この遊びを行うと】
■タイミング力
縄のタイミングに自分の身体の動きを同調させていくことが

できることで、タイミングを計る力が身に付く
■リズム感
一定で回っている縄のリズムを感じることでリズム感が身に付く
■空間認知
縄の動きを意識しながら、一定の場所でジャンプすることで

空間認知の向上につながる

 

跳ぶ位置がずれてしまう子には、
床にテープで四角を作って、四角の中で
跳ぶようにしてあげてください。

また、「縄を跳び越さないといけない!」
と思い込んでいる場合は、
縄を跳び越そうとして跳ぶ位置が
左右に大きくずれてしまうことがあります。
ですので、
「縄が○○くんの足の下を通りたいみたいだから
ジャンプして通してあげもらえるかな?」
と伝えてあげるだけで跳べるようになる子もいます。
これは、思考の変換です♪

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp


★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 


#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

04日

プールで楽しく脳トレ遊び♪ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

プールで楽しく脳トレ遊び♪

詳しくはこちら↓↓

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12409414177.html

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは運動保育士会の比田井です プール遊びって楽しいですよね今では室内でもでき、習い事としても人気です。 プール遊び、スイミングは左右対称の運動…

 

2018年

10月

03日

反射神経が良い!大解説します♪ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

反射神経が良くなるトレーニングや遊びは
たくさんありますが

そもそも反射神経ってどんな神経かご存知ですか!?

 

反射神経とは?
反射神経が良い子は経験豊かな子!?
反射神経が良い子は実は超努力家!?

 

 

詳しくはこちら↓↓

https://ameblo.jp/npoundouhoikushikai/entry-12409097066.html

 

 

AMEBLO.JP
みなさんこんにちは。運動保育士会の比田井です。 「〇○くん/△△ちゃんは反射神経が良くてうらやましい」「僕/私も反射神経が良くなりたい」と一度は思ったことがあ…

 

2018年

10月

03日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑥ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑥の『走り抜け』です。

 

大縄跳びのタイミングをつかむために、
縄をくぐり抜けて遊びます!

跳ぶ必要はありません。

先生の合図に合わせて跳び込み、走り抜けましょう。

 

【ポイント】
■子どもがひっかからないように大人がタイミングを

 あわせてあげましょう。
■始めのうちはどのタイミングで入ればいいのか、

 大人が声に出して誘導してあげましょう。
■前を向き走り抜けていきましょう。

 

【この遊びを行うと】
■タイミング力
縄のタイミングに自分の身体の動きを同調させていくことが

できることで、タイミングを計る力が身に付く
■リズム感
一定で回っている縄のリズムを感じることで

リズム感が身に付く
■空間認知
どこからどこまでが縄がくる範囲かを認識することで

空間認知力が高まる

 

慣れてきたら、縄のスピードを遅く回す時や、
少し早く回す時など回す速度を変えて適応力を
身に付けていきましょう!!

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:スケッチ
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

02日

意識しづらい感覚こそ大切!! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

5感を育てることが大切って良く聞きますよね!?

でも、私たちがあまり自覚していない感覚があるのを
知っていましたか??

 

AMEBLO.JP
皆さんは、『5感を育てましょう』ということを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか 5感とは聴覚…聞く視覚…見る味覚…味わう触覚…触る/触られる嗅覚…匂…

 

2018年

10月

02日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑤ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑤の『罠ジャンプ』です。

 

紐やゴム紐を10cmくらいの高さで張りジャンプします。

このときも、両脚の膝が離れないように魔法のノリを
子ども達に配って行ってみましょう!

着地のときも膝で衝撃を吸収して両足着地すると

柔らかなジャンプが出来るようになります。

 

【ポイント】
■両足で跳べる
■着地した時に姿勢が崩れない
■ゴム紐の高さに合わせたジャンプをしている
■腕振りの反動を使ってジャンプしている

 

【この遊びを行うと】
■跳躍力が身に付き、下肢・体幹部分の
 筋力が活性する
■高さを視覚で捉えて行うため、空間認知力が養われる
■高く跳ぶために腕の振りに合わせて跳ぶことで、
 より大きなジャンプができるようになり、

 このとき身体の連動性が高まる

 

1カ所の罠が簡単に跳び越せたら、
数カ所罠を設置して遊んでみてください♪

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

01日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】④ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、④の『ジグザグジャンプ』です。

 

横方向にジャンプする遊びです。
前後よりも横へのジャンプをするときに
膝が離れやすくなります。
連続でジャンプしても膝が離れなければOKです。

 

【ポイント】
■両足で跳べる
■着地した時に姿勢が崩れない
■着地後すぐに次のジャンプができる

 

【この遊びを行うと】
■跳躍力が身に付き、下肢・体幹部分の
筋力が活性する。
■バランス力が身に付く

 

着地後にフラフラしないように、良い例を見せてから、
繰り返し遊び込んでみてください!

これが出来るようになると、大縄跳びでリズムよく
跳ぶ力が養われます。

 

子ども達が好きな音楽を流して
音楽に合わせて左右にジャンプして遊んでみましょう!

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

01日

立つだけでも運動! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

立つだけでも運動!

 

私たちは普段、何げなく立つという動きを行っていますが、

立っているだけでも筋肉は運動しています。

私たちの身体には、重心や重力の関係で
前に倒れ込もうとする力が常に働いています。

この力に対抗しているのが抗重力筋と呼ばれる筋肉くんたちです!

 

抗重力筋とは、言葉の通り、
重力に抗うための筋力の事を指します。

体幹部分:脊柱起立筋
背骨の周りにある長い筋肉群です。
動作のための筋力と骨格を支えるための筋力の

両方の性質をもっていて、ほぼ全ての動きに関わっていると

いっても過言ではないくらい、非常に多くの役割を持っています。
下肢:下腿三頭筋
ふくらはぎの部分の筋肉群です。

この二つの抗重力筋が機能し、平衡感覚を司る三半規管や
足裏からの感覚情報を元に、脳が姿勢のフィードバックを
行なうことで、私たちは立ち続けることができています。

 

では、この抗重力筋の筋力が弱かったり
姿勢保持に必要な情報のやり取りが正常に働いていないと

どうなるでしょうか?

 

幼児期では、身体を大きく動かす粗大運動や親子遊びや

固定遊具での揺れる遊びを積極的に取り入れることで、

しっかり立てる身体づくりにつながります。

しっかり立てるということは、頭をしっかりと支えられている

ということです。

頭が支えられることで、脳がより元気に働くことができます!

幼児期からの運動習慣で、立てる身体を育ててきたいですね!

 

参考文献:「骨・関節・筋肉の構造と動作の仕組み」,ナツメ社,深代千之

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

01日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】③ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、③の『カンガルーの郵便屋さん』です。

 

タオルやハンカチ、折り紙などを足に挟んで
落とさないようにしてジャンプしていく遊びです。

「手紙が落ちちゃうと汚れて読めなくなっちゃうから
足に挟んだまま運んでね♪」
と伝えてみてください!

 

【ポイント】
■両足で跳ぶ
■太ももの内側に力を入れ、ハンカチなどを落とさず進む
■両足が揃って跳べている

 

【この遊びを行うと】
■跳躍力が身に付き、下肢・体幹部分の
筋力が活性する。
■内転筋(太ももの内側)の活性につながり、
歩行や走行時に真っ直ぐ足を出せるようになる。
また、お尻周りの筋力への活性にも繋がり、
股関節を動かす際に大きく貢献するので、
姿勢保持につながる。

 

お家では、新聞を届ける『新聞配達カンガルー』に

変身して遊ぶのもいいですね♪

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

10月

01日

ちょっとしたアレンジで脳を活性化♪ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

ちょっとしたアレンジで脳を活性化♪

 

手を使った活動が脳にいい影響があるのは
ご存知の事かと思います。

・手遊び
・お絵かき
・あやとり
などなど、手先を使った遊びや活動はたくさんあります。

手を使うことで、脳の前頭葉にある運動野

(運動のコントロールセンター)などへの刺激となる事で、

脳が活性化します。

 

手を使えば脳に良いから
子ども達の好きな〇〇の手遊びをずっと続けていこう!!
と思うかもしれませんが

ただ、残念なことに動きに慣れてしまうと

脳は途端に働かなくなってしまうのです…


これは、実験の結果からも明らかとなっており、
脳は同じ刺激を受け続けると、次第に刺激に慣れていき

その刺激を受け取らなくなってしまうことがわかっています。
つまり脳は新しく、まだ行ったことの無い動きを行う時に

より活発に働き脳を活性させます。

 

日常の中では、月や季節で手遊びを替えたり、
絵を描くときにいつもとは反対の手でペンを持って

描いてみたり、あやとりの新しい技にチャレンジしてみたり
といろいろな手の使い方をしてみましょう。

 

参考文献:「脳の老化を防ぐ!100歳までボケない手指体操」,

主婦と生活社,白澤卓二

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

9月

28日

皮膚と脳は兄弟!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

皮膚と脳は兄弟!?

 

「皮膚は露出した脳」と言われるほど、脳にダイレクトに

影響を与えることで有名です。

なぜ、「皮膚は露出した脳」とまで言われるのでしょうか?

日本人の体表面積の平均は
成人男性:約1,6㎡
成人女性:約1,5㎡
とされています。
1㎡は一辺が1mの正方形なので、
驚くほど面積が大きい訳ではありません。

 

では、皮膚の持つ役割はどうでしょう。
・水分の喪失、浸透を防ぐ
・体温調節
・微生物などから身体を守る
・感覚受容器としての役割
周りからのさまざまな強さや種類の刺激を受ける皮膚は、

周りの環境と自分の体との境界線であり、
境界線があるからこそ、自分を認識することができます。
自分が認識できることによって他者を認識することが出来、

相手のことを考えたり、今どう思っているのかを

考えたりできるようになります。

 

そして、人間の受精卵は細胞分裂を始める頃に、
外胚葉
中胚葉
内胚葉
という3つの層ができます。

3つの層は成長と共に
外胚葉→消化器系
中胚葉→骨・筋肉
内胚葉→神経系・感覚器・表皮
が形成されていきます。

内胚葉のなかで内側にもぐりこんだ部分が「脳」となり
外側に広がった部分が「皮膚」となったのです。

つまり、脳と皮膚は兄弟のような存在でもあるのです。

 

日頃からたくさんスキンシップをとることは、
脳とふれあっている事と同じ働きを持ちます。

運動遊びに限らず、普段の日常の中から
スキンシップをとることを大切にしていきたいですね♪

 

 

参考文献:PHP「のびのび子育て」

だっこするといい性格に育つ 山口創
https://www.php.co.jp/magazine/phpex/?unique_issue_id=19344

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

9月

28日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】② 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、②の『カンガルー』です。

 

この『カンガルー』を遊び込むことで
縄跳び遊びは簡単に行えるようになります!

①の『ウサギ』と同じく、
ジャンプ遊びの導入となるのが、この遊びです。

 

【ポイント】
■両足で跳ぶ
■両手を揃えて跳ぶ
■一定のリズムで跳ぶ
■かかとを床に着けずに跳んで行く

 

【この遊びを行うと】
■跳躍力が身に付き、下肢・体幹部分の
筋力が活性する。
■跳ぶことに対する好奇心を芽生えにつながり、
以後の縄跳び遊びにつながっていく
■腓腹筋が活性され日常生活では歩く・走るといった

動作の安定性につながる

 

『カンガルー』遊びでは、両足をくっつけることを
意識出来るように「魔法のノリ」を子ども達に配り、
足に塗って両足を揃えることを意識してもらいます!

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

9月

27日

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】① 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【短縄跳びまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回からは【短縄跳び】につながる遊びです。

 

縄遊びは
大縄(縄を大人が回して、子どもが跳ぶ)
→短縄(縄を自分で回して自分で跳ぶ)
の順番で取り入れていくことで
無理なく遊び込むことができます。

 

今回は、①の『ウサギ』です。

ジャンプ遊びの導入となるのが、この遊びです。

 

【ポイント】
■両足で跳ぶ
■両手をあげてウサギの耳に見立てて遊ぶ

 

【この遊びを行うと】
■跳躍力が身に付き、下肢・体幹部分の
 筋力が活性する。
■跳ぶことに対する好奇心の芽生えにつながり、
 以後の縄跳び遊びにつながっていく

 

今回の『ウサギ』は、両足が少し離れていても

「ピョンピョン跳ぶ」ことができていればOK!

走ってしまう子どもには、「ゆっくりね!」
と声を掛けながら、見本を提示してあげましょう。

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#縄跳び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

9月

23日

変化のない反復練習は効果が無い!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

変化のない反復練習は効果が無い!?

 

運動会に向けて逆上がりを練習する。
跳び箱を練習する。
ピアノの先生になりたいからピアノを練習する。
など、ゴール(目標)としていることを
習得するには、反復が必要不可欠です。

 

しかし、ただひたすら逆上がりだけを反復して行う
だけでは効果が無い可能性があります。

これはオタワ大学の運動力学の専門家
ロバート・カー教授とバーナード・ブース教授の行った

実験から明らかとなりました。

 

2人の教授は
8歳の子ども36人を対象とし、2グループに分け。
「お手玉を1m先の的目掛けて投げる」テストを
それぞれのチームに練習をさせた後に実施しました。
練習は6回で、1回につき24球投げられるようにしました。

 

練習の内容は
【Aグループ】
テストと同様に1m先の的目掛けて投げる練習
【Bグループ】
60センチ離れた的と120センチ離れた的のどちらかを

狙って投げる練習

 

さて、練習後のテストの結果どちらのグループの命中率が
良かったでしょうか?

それはBグループです。

この結果を受けて2人の教授は
【変化を取りいれた練習のほうが、一つのことを集中して

行うよりも効果的】としたのです。


理由として
『距離の違う的を狙うことで動きを調節する基本を身につけ、

どんな位置の的にも適応できるようになるからだ』と述べています。

つまり、
逆上がりであってもピアノであっても同じことの反復よりも
関連性のある違う動きや学びを混ぜることでより効果的になる!!

しかもこれは学習にも当てはまることも分かっています!

これは使えそうですね^^

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#反復練習

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入


に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

23日

せっかく遊ぶならいろいろな玩具を出して遊びませんか?? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

せっかく遊ぶならいろいろな玩具を出して遊びませんか??

 

私たちの眼の機能の一つに
「周辺視」と「中心視」があります。

それぞれの機能は
■「周辺視」
第一印象や全体観をつかむために広い範囲を見るとき
■「中心視」
焦点を合わせて視野の中心で物を見るとき
となります。

この2つの使い分けが出来るようになることで
遠くを見ていても足元の障害物に当たらないように歩けたり、

文字をスラスラ読めるようになることなどにつながります。

 

「周辺視」と「中心視」は
1歳頃から遊びの中で使い分けられるようになっていくと

されています。

例えば、
レゴブロック・積み木・おはじき・ボールなどを出して
遊んでいる時に、
大人が「積み木ちょーだい!」
とお願いをします。
すると、子どもはまず全体を見渡し、(周辺視)
積み木だけを探します。
そして積み木を見つけ(中心視)
積み木だけを手で取り大人に渡します。

 

毎回いろいろな玩具を出すと大変ですので、
たまにいろいろな玩具を出して遊び、
その中から一つを抽出するように関わっていくことで
「周辺視」と「中心視」の
使い分けが少しずつ出来るようになっていきます^^

 

このことは、大脳生理学の権威久保田競先生と
久保田先生の奥様でもあり、幼児教育者の久保田カヨ子先生の

書籍の中にも詳しく載っています!

 

★脳科学おばあちゃん 久保田カヨ子先生の1~3才頭のいい子を

育てるのびのび育児 (主婦の友生活シリーズ)


著者:久保田競・久保田カヨ子
http://amzn.asia/d/834KH4T

 

遊びの最中や片付けの時間にできる
「周辺視」「中心視」の使い分けにつながる
内容でした!

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入


に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 脳科学おばあちゃん 久保田カヨ子先生の1~3才頭のいい子を育てるのびのび育児 (主婦の友生活シリーズ)
  • 脳科学おばあちゃん 久保田カヨ子先生の1~3才頭のいい子を育てるのびのび育児 (主婦の友生活シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

21日

【目は口ほどに物を言う】これって実は…。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【目は口ほどに物を言う】
これって実は…

 

昔からの言葉で
【目は口ほどに物を言う】
ということわざがありますね!

意味は、
-------------------------------------------------------------------
感情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に、

相手に気持ちが伝わるものだということ。 
-------------------------------------------------------------------
だそうです。

 

しかし、人とのコミュニケーションの上では
【目は口よりも物を言う】方が正しいと思います。

例えば、
初対面の人と自己紹介する時に相手の目が左右にキョロキョロと
動きながら自己紹介をされても話は入ってきませんよね?
また
あなたが悩み事を抱えていて、悩み事を友達に相談した時に
あなたの話に対して友達は「そうだったんだ!」「うんうん」と
相づちは打ってくれますが、目は終始、外の景色を見ています。
この時、あなたはどう感じますか?
「この人しっかり私の話聞いてくれている!!」と感じるでしょうか?

 

人間(動物)は本能的にまず、相手の目を見る習性が

あるとされています。

つまり目を意識的に使うことで、
相手に与える印象も変わってくるということです。

 

昔から躾のひとつとされてきた
「相手の顔を見て話す」
は他者とのコミュニケーションの基礎を教える
とても大切なものだったんですね^^

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#目は口ほどに物を言う

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)

2018年

9月

21日

~準備・片付けを有効活用する~ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

~準備・片付けを有効活用する~

 

運動遊びを実施していると、道具の準備・片付けを
行う場面があります。

その時、皆さんはどうしていますか?

大人が全て準備をして、子ども達は見ているだけにしていませんか?

 

もちろん時間の都合や、危険性の高い道具であれば

大人が運ぶ必要もあるかもしれません。

しかし、準備や片付けの場面こそ子ども達の脳力(能力)UP
の場につながります!

例えば、マットを3枚縦(短辺を繋げる)に繋げて使いたい時に、

大人が「サッ」とマットを運んでしまえば

すぐに準備は終わります。
しかし、ここで子ども達に言葉で

「マットを3枚縦に長くなるように並べてね!」や

手書きの図で「こういう形でマットを置いてね!」
と提示してあげてください。

 

この時、子ども達の頭の中では
■言葉での指示
・マットの枚数を記憶する
・長くなるようの言葉でマットを置く方向を考える
・どこを基準として縦にするかを予測する

■図での指示
・マットと図の長辺・短辺が同じものだと認識する
・短辺が繋がっているのに気づきマットの向きを調整する
・ホール(空間)のどこに置けば図のような形になるか

 配置を予測する

 

これは主に、ワーキングメモリーや視空間認知・前頭前野を

活用したものになります!!

ぜひ明日の運動遊びから実施してみてください^^

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#片付け
#お手伝い

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

18日

危ないことは排除すべきか? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

危ないことは排除すべきか?

 

・木に登る
・鉄棒の上に座る
・跳び箱から跳び下りる
・カッターナイフを使う
・包丁を使う


挙げだしたらキリが無いですね。

子ども達の周りには様々な『危ないこと』が
溢れています。

子ども達の安全は第一です。
子ども達の安全を考えれば危ないことは全て排除すべき…
なのでしょうか?

 

私はある言葉にとても感銘を受けました。
私はこの言葉を大切に子ども達に関わり続けていきます。

その言葉は


---------------------------------------------------------------------
“「危ないからやめなさい!」ではなく
「危ないから気を付けてやりなさい!」”
---------------------------------------------------------------------
引用元:http://yamada-keiai.jp/coordinator.php

 

素晴らしい言葉だと思います。

 

脳科学者 茂木健一郎先生の
『結果を出せる結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』
http://amzn.asia/d/9U7SeSo 
の中でもまだ行ったことの無い領域に跳び込んだり、

経験体験を行なうことで私たちの脳はより活性化し

進化していくのだと述べられています。

 

子ども達は、経験不足です。
何がどれくらい危険かは知りません。

ですので、私たち大人が危険さを伝えたうえで子ども達が

チャレンジできるようにサポートしていく。

このことによって子ども達は楽しさも危なさも学びながら

成長していけるのだと思います。

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士会
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018年

9月

18日

竹馬に必要なのはバランス力だけではない! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

竹馬に必要なのはバランス力だけではない!

 

運動会シーズン
竹馬を種目に入れている園さんも多いかと思います。

竹馬という動きを習得するためには、バランス力や同側での

身体の使い方や両側性の動きも必要になります。

 

そして、〇〇筋力も竹馬に乗るためには必要な力です。

これは、現常葉大学短期大学部保育科教授の鈴木雅裕先生らの

研究から明らかとなりました。

竹馬を乗りこなせる子ども達は、そうでない子ども達と比べ、

運動能力測定の結果、〇〇筋力が必要な項目で有意差が確認されたのです。

つまり、缶ぽっくりなどでバランスや身体の動かし方を学び、

親子遊びで〇〇筋力を高めることで、

より竹馬に乗りやすくなるのです!!

 

つづきはこちらから↓↓↓
https://youtu.be/am2gs6apM9M

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #竹馬 #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

YOUTUBE.COM

2018年

9月

16日

やる気を高めるためには承認!!  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

やる気を高めるためには承認!!

 

何か新しいことを始めたり、同じことを繰り返したり
何か行動を起こす際に必要なのが
「やる気」です!

「やる気」を引き出すためにはアブラハム・マズロー先生の
5段階欲求を使います。

 

5段階欲求の中で
第1から第3階層→「外発的」
第4から第5階層→「内発的」
となっています。

 

保育園や幼稚園などで生活していると、
おおよそ第3階層までの欲求は満たされていることになります。

そして次の層でもある、第4階層の「認められたい」という

承認欲求を持っていることは当たり前のことです。

そして、第4階層の「認められたい」という承認欲求は

やりがいにつながり持続性の高い

「内発的モチベーション」となります!

 

外発的なものが悪いわけではありませんが、
様々な研究によれば、内発的による活動は、外発的動機づけに

よる活動よりも、楽しく、質が高く、持続するとされています!

ですので、大人が子どもを承認する環境、
子ども同士で承認し合える環境が子どものやる気に火をつけます!!

 

 

 

私たちの運動遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#内発的動機付け #承認 #五段階欲求説 #運動遊び #柳沢運動プログラム #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び #発育発達

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

16日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑨ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

 

今回は、⑨の『逆上がり』です。

今まで行ってきた遊びの集大成ともなる遊びです!

 

【ポイント】
■鉄棒を逆手で握る
■脇を締める
■アゴを閉める
■足を前後に開く

 

【この遊びを行うと】
■懸垂力が身に付く
■身体のコントロール力が身に付く
■回転感覚が身に付く
■空間認知力が身に付く

 

逆上がりは運動会の種目にもなる見栄えの良い動きでもあります。
ですが、逆上がりができなければいけないということはありません。

大人になって逆上がりができなくて困ることはまず無いです。

 

しかし、子ども達にとって逆上がりを習得することは、

自分への自信・自己有能感を高めることができ、他者からの承認に

よって承認欲求が満たされ成長・才能発揮をしていけます!

 

段階を踏んで、体系的に遊びを継続して取り入れていくことで

逆上がりが気が付いたらできるようになります!

 

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

14日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑧ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑧の『リンゴ』です。

 

この遊びは、腕と足を曲げて鉄棒にぶら下がる遊びです。

木に実っているリンゴをイメージして行います。
導入では、
「リンゴが赤くなる前に木から落ちたら美味しいリンゴになれるかな?」
「赤くて美味しいリンゴになってみんなに食べてもらおう!」
と設定し鉄棒に5秒~10秒を目指しぶら下がります。

 

【ポイント】
■鉄棒を逆手で握る
■脇を締める
■足を体育座りの様に前に上げる
■アゴを引く

 

【この遊びを行うと】
■懸垂力が身に付く
■静的筋力が鍛えられる
■筋持久力が身に付く
■腹筋・背筋力が身に付く

 

お子さんによっては、5秒ぶら下がることが難しい場合もあります。

その場合には、褒め方のコツ「25%ルール」も
活用していただき、お子さんが自信をつけながら、

少しずつステップアップできるようにしてあげてくださいね♪

 

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

12日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑦ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑦の『足抜き回り』です。

 

この遊びは、⑥で行った『コウモリ』から
足を顔の方へと降ろしながら回転する遊びです。

『コウモリ』と同様に、ぶら下がった状態で
足を持ち上げる力が必要になります。
この時、腹筋を使いますが、これが出来ないと逆上がりの

蹴りあげが小さくて身体を持ち上げることが

難しくなってしまう場合があります。

 

【ポイント】
■鉄棒を順手で握る
■両膝の裏を鉄棒に引っ掛ける
■アゴをしっかりと開いて下に敷いてあるマットを
 見るようにする。
■回転の速度を自分で調節できる
■回転することができる

 

【この遊びを行うと】
■懸垂力が身に付く
■逆さ感覚が身に付く
■回転感覚が身に付く
■腹筋・背筋力が身に付く

 

ふれあい遊びの『グルリンパ』(大人と向かい合って手をつなぎ、

大人の足を登って後方に回転する)も同じ要素の遊びとなります!

鉄棒が無い、ご家庭でもできる遊びですので、
ぜひ遊んでみてください^^

 

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

12日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑥ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑥の『コウモリ』です。

 

この遊びは、鉄棒に足を掛けて、逆さまになる遊びです。

逆上がりに必要な、逆さ感覚を養うための
とても良い遊びになります!

 

【ポイント】
■鉄棒を順手で握る
■両膝の裏を鉄棒に引っ掛ける
■アゴをしっかりと開いて下に敷いてあるマットを
 見るようにする。

 

【この遊びを行うと】
■懸垂力が身に付く
■逆さ感覚が身に付く
■腹筋・背筋力が身に付く

 

逆さになることに恐怖心を抱いているお子さんには、
お子さんを抱っこし、大人がお辞儀をする形で前かがみになり、

お子さんを逆さまに近い状態にする遊びを行なってあげてください!

コウモリの遊びは、鉄棒を握ったまま逆さになりますが、
慣れてきたら、手を離して先生やお友達とジャンケンをして

遊んでも楽しいですよ!

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

11日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】⑤ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑤の『スズメのジャンプ』です。

 

④の『スズメ』が出来るようになったら、
足を大きく振って後ろにジャンプしてみましょう。

足の振りが出来ることは、逆上がりの蹴り上げに

つながる重要なポイントになります。

 

【ポイント】
■顔は上向き、あごを上げるようにする
■肘を伸ばして体を支える
■足は真っ直ぐに伸ばし、背中を少し反るようにする
■両足を揃え、前後に大きく振る
■後方へ足を振った時にタイミングよく

 鉄棒を突き放すように手を離す

 

【この遊びを行うと】
■支持力が身に付く
■高所感覚が身に付く
■広背筋が鍛えられ、姿勢が良くなる
■リズム感(タイミング力)が身に付く
■逆上がりの足の蹴り上げ動作につながる

 

スズメジャンプをする子は、後ろが見えにくいため、
ジャンプする方向にお友達や遊具があると

ぶつかってしまう可能性があります。

スズメジャンプを行う前に、跳んでも大丈夫なのか??
を確認してから行ってみてくださいね^^!

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

10日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】④ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、④の『スズメ』です。

 

この遊びは、鉄棒上に跳び乗って、
腕を伸ばして静止する遊びです。

電線に止まっているスズメをイメージして
遊びを取り入れてみてください^^

 

【ポイント】
■顔は上向き、あごを上げるようにする
■肘を伸ばして体を支える
■足は真っ直ぐに伸ばし、背中を少し反るようにする

 

【この遊びを行うと】
■支持力が身に付く
■高所感覚が身に付く
■広背筋が鍛えられ、姿勢が良くなる

 

鉄棒上に跳び乗ることが難しい場合には、下に台や
大型ブロックを置いて鉄棒上に乗りやすくしてあげて
ください。

 

身体を真っ直ぐに伸ばすことに怖さがある子には、
子どもの胸の前に手を当てる補助を行いながら遊びを
行ってみましょう!!

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

10日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】③ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、③の『サルキック』です。

 

この遊びは、②の『サルのぶらさがり』が出来たら、

身体を揺らして先生の手をキックしてみましょう。

 

【ポイント】
■両手で鉄棒を掴む
■顔は前を向くようにする
■足を前に上げて先生の手に向かって蹴りだす

 

【この遊びを行うと】
■懸垂力が身に付く
■ぶらさがることで、背筋が伸び背中の柔軟性が上がる
■広背筋が刺激され、姿勢保持につながる
■足を高く持ち上げることで、腹筋が鍛えられる

 

鉄棒の持ち方ですが、②の遊び同様に
猿手と呼ばれる親指が他の指と対向しない
握り方でも大丈夫です!
今お子さんが行っている握り方で遊んでみてください!

 

腕は、伸びた状態で大丈夫です!
もし肘を曲げてぶら下がれる場合は

肘を曲げてぶら下がっても良いです!!

足を振って身体を動かすことに少しずつ慣れることで

身体のコントロールが出来るようになってきます。

今回の遊びも楽しみながら行ってくださいね♪

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)

http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)
  • AMAZON.CO.JPでもっと見る

2018年

9月

06日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】② 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、②の『サルのぶら下がり』です。

 

今回の遊びは鉄棒での遊びとなります!
鉄棒への導入遊びとして取り入れてあげましょう!

この遊びで、鉄棒は楽しいものだ!
おもしろい!と興味を持ってもらうことも必要になります。

 

【ポイント】
■両手で鉄棒を掴む
■顔は前を向くようにする

 

【この遊びを行うと】
■懸垂力が身に付く
■ぶらさがることで、背筋が伸び背中の柔軟性が上がる
■広背筋が刺激され、姿勢保持につながる

 

鉄棒の持ち方ですが、猿手と呼ばれる親指が他の指と対向しない
握り方でも大丈夫です!
今お子さんが行っている握り方で遊んでみてください!

腕は、伸びた状態で大丈夫です!
もし肘を曲げてぶら下がれる場合は、肘を曲げて

ぶら下がっても良いです!!

楽しみながら行ってくださいね♪

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

AMAZON.CO.JP
0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)

 

2018年

9月

05日

★☆★運動会前 特別企画★☆★ 【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】① 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★☆★運動会前 特別企画★☆★
【逆上がりまでの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、①の『ワニ歩き』です。

 

まずは、鉄棒ではなく床上で動物のワニに変身して
逆上がりに必要な力を高めていきます!

ワニ歩きは逆上がりの基礎となる力を高める
とてもおススメの遊びです^^

 

【ポイント】
■うつ伏せになり、お腹と胸を床に着ける
■手をパーにして床をつかむように進む
■足の指先を使いながら蹴って進む
■できるだけ手を遠くに着いてから体に引き付けるようにする

 

【この遊びを行うと】
■身体を引きつける懸垂力が身に付く
■踏ん張る力が身に付く
■手・足をスムーズにタイミングよく動かす
 連動性が身に付く

 

縄やゴム紐に青いビニールテープを付けて、
20㎝程度の高さに張り、その下を
水の中を泳ぐワニさんになって進んでみましょう!

楽しく逆上がりに必要な懸垂力を
身に付けることができますよ♪

 

 

今回の遊びはこちらにも掲載されています↓↓↓

 

★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

 

#運動遊び #鉄棒 #逆上がり #柳沢運動プログラム #運動会 #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。