ヘッダー画像

ブログ

2019年

10月

15日

【楽しく駆けめぐろう!園庭サーキット】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【楽しく駆けめぐろう!園庭サーキット】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

皆さんは屋外でどのようにされていますか?
アスレチックや固定遊具、築山など遊べるところは
様々だと思います!!

 

いつもの遊びを少し変化させて、園庭全体を使った
サーキット遊びはいかがですか??

白線を引いてコースを作ってあげれば、

そこはいつもとは違った遊びの空間になります。

滑り台だって、滑り降りる下をぐるっと通るようなコースを
作ってあげることで楽しくなります。

ジグザグのコースを引いてあげれば、

そこはレーシングカーのコースに早変わりです^_^

ブックや屋外用のジョイントマットなどを

ランダムにおけば、飛び石ゾーンもできます。

 

これはあくまで一例ですので、
お子さんのアイデア・大人の遊び心で
楽しみ方は無数にあります。

今ある場所を最大限に生かして遊び込みませんか??

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

2019年

10月

12日

【既存のアスレチックにちょい足し遊び】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

既存のアスレチックにちょい足し遊び】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

台風19号が接近してきていますが、皆さまの地域での
対策は大丈夫でしょうか?
安全第一でお過ごしください。

 

さて、先日は屋外での運動遊びデイでした^_^

集団遊びやボール遊びも行い、最後は園庭全体を使った
サーキット遊びを行いました。

これは木造のアスレチックの一部にロープを追加して
作ったコースです。

またぐ・くぐる・握る要素が加わっています。

下もロープや不安定な橋のため、姿勢保持が

床に比べるとかなり難しいです。

 

一生懸命に足を上げてロープをまたごうとする子や
下をくぐる子・頭は通れたけど肩がロープに引っかかって

試行錯誤してなんとか通れた子など
さまざまな子どもの姿が見られました。

これが子ども達の成長につながっていけば良いですね!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

2019年

10月

11日

【グラグラ山現わる!?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【グラグラ山現わる!?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

お子さんの体づくりにつながるオススメの遊びの
ポイントとして、くぐる・しがみつく・よじ登る
がありますが、今回の遊びはよじ登りです。

 

マットの下にバランスボールを入れて山に見立てています。

マットの耳の部分に紐を通して、

バランスボールが出ないようにしてあります。
マットの耳の部分が片側3箇所ずつあるマットで行なって

いただいた方がバランスボールが飛び出ないです。

 

跳び箱や台の上によじ登る時と違い、
バランスボールをマットの下に入れることで
不安定な山の完成です。

よじ登るとグラグラと揺れたり、弾みます!
よじ登ってきた時に山の上に座ってもらい、
弾ませてあげることで前庭感覚刺激を
たっぷり入れることもできます。

姿勢調整・体軸・体の基礎作りなどにつながる遊びです。

 

動画のお子さんは2歳クラスでの様子です^_^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

2019年

10月

10日

【幾つの遊びが思い浮かびますか?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【幾つの遊びが思い浮かびますか?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

遊びは子ども達が見つけ、自主的に広げていくことも
大切ですが、コレはこうも使えるという視点の入り口を

大人が教えてあげるとこも大切だと考えています。

 

以前行った研修では、始まりのワークとして
一本のスポンジ棒からどれだけの遊びができるかを
まずは個人で絞り出してもらいました。

個人では限界もあるため、次にグループで

絞り出してもらい他人の視点も入れていきます。

 

どうしても、コレはこうという固定概念が

先行してしまいがちですが、こういったワークの数を

こなして遊びを広げる視点のセンスを高めていくことは、
遊びだけではなく支援にもつながってくると思います。

 

皆さんはいくつスポンジ棒から遊びが思いつきますか??

例えば、棒を置いてその周りを走るのも一つ、
棒の両端に紐をつけて、その先にカップをつけて

ボールを乗せて、天秤棒のようにして担いで

平均台の上を歩いていくのも面白いです!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

10月

09日

【グラグラするぞ!】ロープ橋 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【グラグラするぞ!】ロープ橋

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

先日は長野県の北信にある保育所様で
今年度となる運動遊びがありました。

当日は巧技台と縄をお借りして、新しい遊びに
年少〜年長までチャレンジしました。

下に落下せずに、ロープに脚、平均台に手を乗せて
横に移動して反対側まで進めればクリアです。

 

脚を乗せている縄は安定せず、グラグラと揺れています。
その状況で一歩ずつ横へ重心移動をさせていくことが
求められる遊びです。

腕や脚だけでなく、おへその下あたりに力を込め
ないと体は安定しません。
これは体づくり遊びとしておススメな要素の一つ
《しがみつく》
が入った遊びでもあります。

 

今回は園内の遊具を使って遊びましたが、
園外の子どもの遊び環境設定でも

渡り棒・マットなどがあればできます。

 

本来は子ども達が自然の中で出来ていたであろう
動きも、今や積極的に提供していかなければいけない
と痛感しています。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

2019年

10月

07日

急いで宝物をゲットしよう 《カウントダウンダッシュ》 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

急いで宝物をゲットしよう
《カウントダウンダッシュ》

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは敏捷性(素早く重心移動をする能力)
を意識した遊びです。

◯秒以内に2mほど離れたところに置いてある
宝物(コーン)をスタート位置にある
宝箱(フープ)の中に一つずつ移動させてから
ゴールまで走っていくといった内容です^ ^

 

スポーツをおこなっていく中では、突発的に
静止→反転ターン、という場面は何度も出てきます。

つまり、いつでも止まれる体勢で動けるための
重心移動ができることが大切になってきます。

 

少しずつ積み重ねの中で、効率的な重心移動を
身につけていけます!

コーンの数や障害物の内容は毎回変えて

遊んでもOKです。

例えば、バーをくぐるだけではなく飛びこす場所を
設けたり、コーンも先生が指定した色から移動させたりと

様々なアレンジができます。

もちろん最初の見本は先生が本気ダッシュで

子ども達に見せてあげてくださいね(^_−)−☆!?

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

2019年

10月

07日

【ブリッジができたら】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【ブリッジができたら】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は、ブリッジができたらぜひチャレンジして
欲しい遊びのご紹介です。

ブリッジは、背面側の筋力や筋持久力が

必要な動きでもありますが、
体の前側の柔軟性がとても重要な遊びです。

足首・股関節・首回りなどです。

ブリッジでなかなか体が反れないのは

筋力的な要因もありますが、
体の柔軟性面での要因もあります。

 

ブリッジで体を反らせることができたら
片手を上げて片手のみで体を支えるブリッジに
挑戦しています。

片手になることで重心の位置がずれます。
重心の位置はずれますが、体幹等を意識して使い
姿勢を保持していきます。

 

大人でも繰り返し行えばできるようになりますので
お子さんと一緒にエクササイズ感覚で行ってみては
いかがでしょうか^ ^?

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

ブリッジ #片手 #柔軟性 #重心移動 #柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

2019年

9月

26日

【下は火の海、グラグラ橋渡り】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【下は火の海、グラグラ橋渡り】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回も保育園様にあるもので遊びを作ってみました。
今回使ったのは鉄棒・平均台・ロープです。

平均台をロープで鉄棒と結び、
平均台が宙に浮いた状態を作りました。
※平均台はひっくり返らないように固定してあります。

 また、頑丈ロープで三重巻きで固定しました。

平均台の横転や落下などのハザードは取り除き、
成長に繋げられるリスクは残してあります。

 

一見簡単そうですが、平均台は左右前後に揺れるので

姿勢制御機能をフル活用しながら遊ぶことが求められます。

子ども達には、下は熱々の火が燃えてるから

気をつけて渡ろうと伝え、
落ちないように進むことを意識づけます。

 

重心の位置や、鉄棒を握るグリップの強さの強弱など
様々なことが学べる遊びです!!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

不安定 #バランス #平衡感覚 #重心移動 #柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

2019年

9月

21日

【小回りを利かせて駆け抜けよう!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【小回りを利かせて駆け抜けよう!】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは、かけっこの特にコーナー部分や
スポーツ全般につながる遊びです。

用意するのは紐や棒など、1〜2mほどのものであれば
なんでも大丈夫です。
動画では工事現場などでよく見かける
黒と黄色のバーを置いています。

動画では、縦・横と置いてありますが
縦・縦でも横・横でも一本でも遊べます。

 

スポーツなどの身体を動かす時には
一方方向への動きだけではありません。
むしろ多方向への素早い重心移動を
行えることが必要となります。

踏み込んだ際の重心の位置や頭部の向きによって
回りやすさも変わってきます。

はじめから小回りや重心移動ができるわけでは
ありません。

繰り返し遊ぶことで少しずつ身につけていくことができます。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

SAQトレーニング #アジリティ #重心移動 #柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

2019年

9月

20日

【フィールドアスレチックを目指して】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【フィールドアスレチックを目指して】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回はマットと鉄棒を使っての遊びを行いました。
タイトル通り、フィールドアスレチックを室内で
子ども達に体験してもらいたいと思い
遊びを作ってみました。

 

マットの耳の部分に縄を通して鉄棒に吊します。
子どもはトンネルを通るように、

鉄棒とマットの間を進んでいきます。

マットが鉄棒から吊るされているため、
登っていくと左右前後に揺れます。

不安定の中で、自分が思う通りに動くためには、
揺れる中でも中心軸をできる限り

真ん中にとどめておく必要があります。

それは教えてできるものではなく、
遊びの経験の中で脳の機能として
姿勢を調整して、不安定の中でも
安定を作り出すことができていきます。

 

くぐる、マットから降りるときには
体のどの部位から進むかを決めなければいけません。

身体イメージや運動企画の力にもつながる遊びです。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#フィールドアスレチック 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

2019年

9月

14日

【刺激し合う!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【刺激し合う!】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。


先日、運動遊びの研修を開催させていただきました。

研修会の中では各チームごとに
元になる遊びから派生したオリジナル遊びを
作ってもらっています。

より多くのものを持ち帰っていただけるように、
そして固定概念にとらわれないようにするために
オリジナル遊びを作ってもらっています。

 

モノの使い方、捉え方
そして自分の頭では思い浮かばなかった
アイデアが毎回出てくるので
とても学びになります。

 

動画の遊びは、
はじめに指名された子はトンネルを通る役です。
ほかの子たちはトンネル役で、どんなトンネルを

作ってもOKというルールです。

ペアや一人で、四つ這い姿勢や横向きなど
さまざまなトンネルができました。

 

遊びを行う上で大切なのは、提供する大人が
その遊びを楽しいと思っているか?
です。

いかに自分が楽しくなれる遊びにするか?
これが大切な考え方だと思います。

今回も面白いあそびのアイデアを学べました^_^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#放デイ 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

9月

13日

【働き方改革の中ありがとうございます!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【働き方改革の中ありがとうございます!】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

先日は長野県安曇野市堀金認定こども園にて
保育士向け研修会を開催させていただきました。

演題は
【育ちと発達につまづきがある子のいるクラス保育を高めあそびの実践】
です。

勤務時間外にも関わらず70名近くの保育士の先生方が
参加してくださいました!

 

内容は、
・行動を捉えるための3つのポイント
・感覚が発育発達に与える影響と重要性
・ボディイメージを高める遊びのポイント
・心理的発達から捉えるお子さんの内面理解
・大まかな発達の流れとポイント
・生活の中で確認できるソフトアセスメント
などです。

 

短い時間の中でかなりの内容を詰め込んだため
先生方の頭の中はモヤモヤ状態だったと思います。

ただ、お子さんを理解していくためには
1つの領域だけの知識ではまかないきれません。

その領域に関係している周りの領域を
そしてそのまた周りにいる領域と
片隅を知ってしまうと知らなければならない
莫大な領域の広さに驚きますが
そこが面白かったりもします^_^

 

感覚の重要性を知ったからこそ
固定遊具類の撤去、使用禁止が増えていくことで
子ども達にどのような影響があるのかを
知っていただけました^_^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#保育士 #研修会 #感覚統合 #宇佐川研究会 #作業療法 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

2019年

9月

11日

【あるものを生かして】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【あるものを生かして】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

先日運動遊びで伺った園様に、室内用の雲梯が
あったので活用させていただきました。
ふつうにぶら下がりながら渡っていくことは
園庭でもやっていたので、

今回はマットの橋を作りました。

 

屋外の雲梯や太鼓橋でも同じように遊べます。

マットの持ち手の部分に縄を通して

雲梯から吊るしています。
今回はスタート地点を低く、ゴール地点を

やや高めにしてあります。

中に入ってハンモックのように使っても良し
歩いて進むのも良し
ハイハイして進むのも良し
様々な遊び方があります。

 

遊具自体に慣れてきたところで少し、
マットを左右に揺らしてあげます。

そうすることでより不安定な状況になり、
結果として安定した姿勢保持や
バランス機能の向上につながっていきます。

縄を持つことで必然的に親指が他の指と向かい合い
手先の器用さにもつながります。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#前庭覚 #指先 #あるものを生かす 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

9月

10日

【お友達を助けよう!船引き】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【お友達を助けよう!船引き】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは【引く】遊びです。
跳び箱の一番上の段をひっくり返して、
持つための穴に縄を通して船に見立てます。

船に乗ってもらう子を決めます。

他の子は船を引っ張ってお友達を移動させます。

 

最近、個人的な私感ではありますが
押す動作はできても引くという動作を
どうやってやればいいかわからない子が
増えてきたように感じます。

もちろん遊びの中で学んでいけるので
意識的に引くような要素を加えていき
学習できるように促していきます。

 

引く動作は重心が後ろになることが重要です。
また関節を中間位で保つことも必要になります。
中間位は肘や膝を適度に曲げて構えている姿勢を
イメージしてもらうと良いかと思います。
構えられることは外の刺激からの対応の基礎となります。
また、親指が他の指と向かい合うので親指に本来の
仕事をさせてあげられます。

 

2歳くらいからできる遊びですのでぜひ遊んでみてくださいね!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

引く #体幹 #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

9月

09日

【玉入れゲーム】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【玉入れゲーム】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は玉入れ用のカゴとボールを使った遊びです。
玉入れ用のカゴの脚の部分にはマットを巻いてあります。

相手のゴールにボールを入れたら1点となります。
ボールを持ったら歩くことはできません。
シュートを打つか、仲間へパスを出すことになります。

 

はじめは、一気にシュートしようとして
ゴールから離れたところから投げていましたが、
一方のチームが細かくパスをつないで

点を取るのを見て、パスを出しながら

進んでいけるようになりました。

あとは空いているスペースを見つけて動けるよう
遊び込んでいきます。

 

空いているスペースを見つけることも、
最初は「右に走ってごらん」と空いている

スペースを教えてあげます。
そこに走ってみるとボールが来たという経験から、
相手がいないところだとボールが来るということを
自分自身で学び考えて動けるようになっていきます。

必要以上にこっちに走れ
ここにいけということは伝えません。

スペースを見つけた時に「いいねー!ナイス」
と認めてあげるだけで充分です。

 

年長さんからできる遊びです。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

社会性 #集団遊び #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

9月

06日

【トンネル岩跳びリレー】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【トンネル岩跳びリレー】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

先日の投稿で【岩跳びリレー】の遊びを
紹介させていただきました。
今回はその遊びの発展遊びをご紹介します。

その名も【トンネル岩跳びリレー】です。


チームの人数は、クラスの人数や実際に遊ぶ

お子さんに合わせて変えてください。
最小2人から遊ぶことができます。

遊び方は、
うつ伏せで床に寝る子・クマの姿勢になる子と

交互にスタンバイします。
その時に適度に間隔を空けておかないといけません。

 

うつ伏せで寝ているお友達の上を跳び、
クマの姿勢でトンネルを作っている子の下をくぐります。
今度は進んでいた子が隣の子を見て、
うつ伏せで寝るかクマの姿勢になるかを
見てスタンバイします。

そうしたら、スタート地点側の子が立ちあがり

進んで行きます。

 

障害物を置いて直線では進めないようにしたり、
少し環境を変化させてあげることで

子ども達もより楽しめますので、遊んで見てくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

社会性 #集団遊び #感覚統合 #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

9月

05日

【棒を避けよう!クマの棒避け】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【棒を避けよう!クマの棒避け】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は、先日開催させていただいた研修会の中から
遊びを紹介いたします。

 

用意するのは30㎝ほどの棒1本だけです。

遊び方は
①子ども達がクマの姿勢になる
②大人が棒を持ち子どもの手足に当てようと
棒を近づけていく。
③子どもは棒が当たらないように手足をあげて
避ける

※棒を避ける時はジャンプはしないようにしてください。
手足を1本ずつ動かして棒を避けます。

手足を上げた時に身体が左右に傾かないように
意識していただくとより良いですね♪

 

動きを作り出す上で重要な、体幹力をつけていくことに
繋がる遊びです。

手足1本ごとに意識を向けることで身体地図を
作ることにも繋がりますよー!!

 

おうちでも簡単に出来ますので
親子で楽しんで遊んでみてくださいね^ ^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

体幹 #クマ 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

9月

02日

【岩跳びリレー】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【岩跳びリレー】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は集団遊びをご紹介します。

その名も岩跳びリレーです。


チームの人数はクラスの人数や実際に遊ぶお子さんに
合わせて変えてくださいね。
最小2人から遊ぶことができます。

 

遊び方は、跳ぶ役のお子さん以外は

うつ伏せで寝て待機します。
その時に適度に間隔を空けておかないといけません。
見本で遊び方を提示した後、
一度遊んでみて、間隔をチームで相談してもらいました。

寝ているお友達の上を跳び、最後まで進んだら
今度は跳んだ子がうつ伏せで寝て岩を作ります。

そうしたら、スタート地点側の子が立ちあがり

寝ているお友達の上を跳ぶことを繰り返して進んで行きます。

 

障害物を置いて直線では進めないようにしたり、
少し環境を変化させてあげることで

子ども達もより楽しめますので、遊んでみてくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

社会性 #集団遊び #感覚統合 #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

8月

30日

【飛んでくぐって忍者の修行】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【飛んでくぐって忍者の修行】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは、親子でもお友達同士でもできる
アジリティ―トレーニングにもなる遊びです。

遊び方は、
①飛んでくぐる役・トンネル石役を決める
②飛んでくぐる役→相手の身体の下をくぐり、

 立ち上がり相手の身体の上を飛んで戻る
 トンネル石役→四つ這いの姿勢をとりトンネルを作り、
 相手がくぐり終ったら、うつ伏せになる
③1周できたら、「〇秒で☐周」にチャレンジ

 

動画では10秒で3周にチャレンジしています。

数回行ううちにくぐり方、くぐってから立つ動作、
立ちながら跳躍に向けた姿勢制御、
着地と同時にくぐる姿勢へ姿勢を変換させる姿勢制御
の学習がどんどん進んでいきました。


基礎にはクマ歩きやワニ歩きそのほかの基礎の
動物遊びを遊び込んできたこともあります!

お家でもできる遊びですので、ぜひ親子で遊んでみてください。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

くぐる #飛ぶ #運動企画 #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

8月

29日

【風船で遊んでみよう】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【風船で遊んでみよう】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は風船を使った遊びの一つです。

風船遊びは、ボールではなく風船を床に落とさない様に
みんなで遊べます。
異年齢でも遊べ、皆で楽しめます。


目で風船を捉え、触れることで手への刺激になったり
風船へ正確に手を伸ばす経験が運動の企画や

視空間認知力にもつながります。
また、視機能の発達にもつながる遊びです。

 

今回は、風船を使いチャレンジ遊びとして
前転風船キャッチを行いました。

前転の回転前に風船を投げ上げ
前転を行い、風船を取ります。

風船を投げるタイミングや角度、高さ
回転後の目線の位置や周辺視で風船を探すこと
素早い捕球動作が必要になります。

 

コーディネーション運動として取り入れています。

風船で成功したら、ボールやタオルなどモノを
変えてチャレンジしてみてください♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

風船 #リーチング 触覚 #感覚統合 #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

8月

29日

【パイプ椅子は座るだけにあらず】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【パイプ椅子は座るだけにあらず】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

昨日に引き続き、○○あらずシリーズです!?
勝手にシリーズ化してみました(^^)

 

今回はパイプ椅子を使って遊びを行いました。
パイプ椅子の下をくぐるのではなく、
背もたれと座面の隙間をくぐり抜けて進んでいきます。
パイプ椅子同士は紐で固定してあります。

くぐる遊びは首や体、手足を曲げてうまくくぐることが

できるように自分の体を動かしていくことが
必要になります。

自分の体の大きさや向きを意識して運動することで
自分自身の体に対する脳内での身体イメージや
視空間認知力に繋がっていきます。

 

通り抜ける時に座面が軽く傾くため

滑り台の様になり、少しですが体が滑り降ります。

パイプ椅子に登って、背もたれを持ち
足を背もたれと座面の隙間に入れる。
その間には不安定な椅子の上でバランスを取る

必要があります。

一連の運動の流れを構築するのを
運動企画といいますが。

まさにどのように体を動かしていけば良いかを
考える遊びとなっています。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

くぐる #運動企画 #視空間認知 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

8月

28日

【トランポリンは飛ぶだけにあらず】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【トランポリンは飛ぶだけにあらず】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

お盆も過ぎ、あっという間に夏も終わりに近づいて
いますね。
朝晩は肌寒くもあり、なんだか寂しいなと感じる今日この頃です^ ^

 

さて今回は、くぐるをテーマにした遊びです。

できればさまざまなサイズのモノをくぐる
体験ができるといいです。

くぐる遊びは首や体、手足を曲げてうまくくぐることが

できるように自分の体を動かしていくことが
必要になります。

自分の体の大きさや向きを意識して運動することで
自分自身の体に対する脳内での身体イメージや
視空間認知力に繋がっていきます。

 

動画ではトランポリンの下をくぐっていますが
この後、パイプ椅子、平均台、ピアノの椅子
とくぐるサーキットなっています。

もちろんモノがなければ、大人の足の下や、

大人が四つ這いになってお腹の下を通ることでもいいです!

たくさんくぐって体も脳も元気にしていきましょう!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

トランポリン #視空間認知 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

8月

20日

【集中力は○○さない!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【集中力は○○さない!】

 

集中力が無い…
集中力を身に付けさせたい…

これは、親御さんや先生方でお子さんに対し

感じられている方は多いかと思います。

「勉強に対して全然集中しなくて・・・↴」
「話に全然集中できていなくて・・・↴」
などなど

挙げだしたらキリがないですね(^▽^;)


集中力にもいくつか種類があります。

その場に応じて臨機応変に意識を切り替える
複数のことに意識を分配できる
一つのことに意識を向け続ける

どれも生活の中で必要な力ですね!

そして、集中力が無いと思われている子でも、
特定の遊びや活動に対しては黙々とひたすら

行っていることはありませんか?

これも集中力があるからこそです。


集中力を身につけるということはつまり、
集中力を乱さないことになります。

では、どうやって大人側がして欲しいことへ集中を向け、
集中を乱さないよう促していくのか?


人間が集中するのには幾つかのコツ・ポイントがあります。

①好きなこと又は、興味があること
これは、大脳辺縁系にある扁桃体に関わってきます。
扁桃体は「好き・嫌い」を司っている部位です。
外からの刺激は脳幹を通り、次に大脳辺縁系を通過し

大脳皮質へと流れていきます。
大脳皮質の役割の一つに集中力があります。
しかし、扁桃体で「嫌だ、嫌い」となった時に、

それは本人にとってのストレスとなるため

脳は避けようとします。
※全てのストレスが悪いという訳ではありません。


大切なのは、楽しそうだな!面白そうだな!

と思わせることです。
好きなこと、興味があることは記憶の定着にも

影響してきますので、大人側が環境や提供形態を

変えてあげる必要があります。

 

②報酬系を利用する
報酬系とは、目標達成した時にもらえるご褒美のために

活動する脳の部位です。(ドーパミン系)
子どもにとっての報酬とは?
物的な報酬もありますが、やはり、大好きな先生・

お父さんお母さんからの言葉やスキンシップ、愛情が

幼児期の子ども達にとっての最高の報酬です!

 

また、「目標を達成した時」に活動を停止するのではなく、
「達成が見えてきた時」に活動を停止するという

特徴があるため、ゴールをほんのちょっと遠くに

設定することがポイントです。
例えば、100m走でゴールテープまで走ることを

ゴールとせず、ゴールテープの10m先をゴールにして

走るということです。

 

③集中を乱す要因を取り除く
玩具などが目に入ってしまい気になるようであれば

布をかけておいてあげ、情報を遮断するのもひとつです。

 

うまくポイントを組み合わせて

集中を乱さないようにしていきませんか?

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

集中力 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

8月

15日

【ゼロキロカロリーと脳の反応】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【ゼロキロカロリーと脳の反応】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

ゼロキロカロリー!
と謳った清涼飲料は多く販売されていますね。
私もたまに飲みます^^!!
ゼロキロカロリーの飲料には砂糖の代わりに
人工甘味料が含まれています。
人工甘味料は砂糖と比べて強い甘みを持つものです。

 

一見、メリットしかないように思える

ゼロキロカロリーにも落とし穴はあります。

その一つが今よりもより多く甘いものを

摂取してしまう可能性があります。

行徳総合病院 佐藤俊彦先生によると
人工甘味料を使用した飲料を飲むと、脳は
「糖分が身体に入ってきたから取り込む準備をしよう」
と身体に指令を出します。
しかし、実際の人工甘味料は砂糖に比べて

糖分が低いので、あまり身体に吸収されません。
しかし、身体は糖分を吸収する準備をしているので、
余分な糖分を欲するようになるそうです。

その結果、飲料はゼロキロカロリーとしても、

他の食べ物で余分に糖分を摂取してしまう原因と

なるとされています。

 

お子さんにジュースを飲ませる際に、

健康に良さそうだからといつもゼロキロカロリーの
飲料だと余計に甘いものを摂取してしまう原因に

なるかもしれません。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

ジュース ゼロキロカロリー 人工甘味料 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

8月

14日

【予測不能!?転がしドッチボール】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【予測不能!?転がしドッチボール】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

今回は、あるボールを使った転がしドッチボールの紹介です。
転がしドッチボールは、ボールを上手で投げずに

転がして行うドッヂボールです!

 

転がしドッチボールは、
➀テープなどで大きな円を描く。
➁内野と外野を決め、内野は円の中に入る。
➂外野が内野を狙ってボールを転がし、

 ボールに触れてしまった内野は外野になる。
➃最後まで残っていた内野がチャンピオン!
といったルールです。

 

最近、ハマっているのがラグビーボール(楕円形の球)を

使用した転がしドッチです。
ラグビーボールの良い所は、下手投げで

軽くバウンドさせるとどの軌道で跳んで行くかが
予測が出来にくい所にあります。
真っ直ぐ跳ねると思いきや右に跳ねたり、左に跳ねたりします。

ボールの動きに素早く反応して回避しようとすることで、

俊敏性・反応速度の向上が見込めます。

 

遊んでいる様子も近々アップロードしますね♪

ぜひ、遊んで見てください^^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

ドッチボール ラグビーボール ボール遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

8月

13日

【でんぐり返しできるかな】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【でんぐり返しできるかな】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

みなさんはでんぐり返し(前転)をやったことはありますか?
お家のお布団の上や、学校の体育の授業など

一度は行ったことがあるかと思います。

 

でんぐり返しは、立った姿勢から床に手を着き、

身体を丸めて前方へ回転する遊びです。
でんぐり返しは
・回転動作によって三半規管に感覚刺激が入力され、

 バランス能力が向上
・脳内でイメージした動作を実際に身体を使って

 表現することができるように矯正していくため、

 身体のコントロール能力が向上→ボディイメージの確立へ

 

でんぐり返しが出来るようになるためだけの練習は

不要だとは思いますが、
柳沢運動プログラムの基本となっている

動物変身遊びなどを経験して
でんぐり返しにも挑戦はしていきたいですね。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

でんぐり返し 前転 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

8月

12日

【親指に本来のお仕事をさせよう】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【親指に本来のお仕事をさせよう】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

“木に登って遊ぶ”
今では滅多に見ない遊びです。

木登りが全てとは言えませんが、
木登りの遊びには私たち人間特有の手の使い方を
学ぶための要素が多く含まれていました。

 

指先でモノをつまむことは手の機能の一つですが、
この機能を上手く使いこなせていない子が

増えてきているように感じます。

一般的には、
①肘から指先に掛けた前腕が内外側に回転させる運動ができる

②親指の付け根(拇指丘)が外へ開くようになる(人差し指から離すことができる)

③拇指丘が開くことで、他の4本の指と向かい合って使えるようになる(拇指対向)

④今まで、指の横や腹でモノをつまんでいたのが、指先でつまめるようになる。

⑤箸を持つ・モノを作りだす・鉛筆を持つなどの動作ができるようになる。

(⑥より手・指を使うことで、大脳の発達に繋がる)
と発達していきますが。

 

木登りには、手の機能を発達させる要素が多く含まれていますね。

まずはしっかり親指を他の指と対向させて握る。
握る時も全く同じ太さ・形の枝はありません。
その都度、握る角度や手の開き方、力の入れ方を

変えることが必要になります。


今では、危険ということで木に登る子を見ることが

ほとんどありませんが、やはり自然の中での遊びでこそ

私たち動物は自然と成長できるのかもしれませんね。

 

参考文献:『子どもが体験すべき50の危険なこと』,Gever Tulley,オライリージャパン

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

危険 木登り 手の発達 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

8月

10日

【前庭覚って何だろう?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【前庭覚って何だろう?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

前庭覚という言葉をみなさんはご存知でしょうか?


前庭覚は、身体の傾きや身体のスピードの感覚のことを指します。

ブランコや、トランポリンなどの遊びで
揺れの感覚刺激が三半規管に入力され
出力する時にはいくつかの回路が存在しています。

出力の回路は3種類存在します。
①眼の動きを調整する回路
②姿勢を調整する回路
③興奮・鎮静の自律神経を調整する回路

眼球運動や姿勢調整は机上での学習にもつながりますし、
自律神経の調整は情調の安定にも関わります。

 

国土交通省が平成10年(1998)から調査している
「全国の都市公園等における遊具等の設置状況や安全点検の実施状況等」
によると、1998年には14,198あった箱ブランコが、
2013年には1,864にまで激減していることがわかります。
その数は15年間で約10分の1です。

 

子ども達の情緒の問題や学習面でのつまづきへの
支援が求められている現代で、
ブランコはどんどん減っている。

それに代わることを提供してあげなければ
いけないのかもしれませんね。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

前庭覚 感覚統合  運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

8月

09日

【押して!引いて!島運びリレー】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【押して!引いて!島運びリレー】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

今回の遊びは全身を使った遊びです!
特に支持力・懸垂力・手先の器用さにつながる

遊びとなっています。

 

準備として、マットの耳の部分にロープをつけておきます。

実際の遊び方は
①マットをコーンなどの目印があるところまで 

 雑巾がけの要領で押していく
②コーンに手でタッチする
③スタート地点にあるフープへと走って戻る
④フープの中でマットに付いているロープを持って

 マットを手繰り寄せる
⑤つぎのお友達と交代する

 

マットによっては滑り止め加工がされているマットも

ありますので、滑り止め加工がされている面は

上にして遊んでください。

 

1人で押すのが難しい場合には、2人組で行う

又はチーム内に「お助けマン」を決めておき、
困った場合は「お助けマン」を呼ぶなどして
進めていくこともできます。

 

押す動きは近年弱くなってきている力の1つです。
つま先から指先にかけて軸を作らないと

前方向にマットを進ませることが難しくなります。
また、どこをどう押せば良いかは教えるのは簡単ですが

遊んでいく中で子ども達自身に

発見させてあげたい点でもあります。

 

また、マットを手繰り寄せるためには

体の中心で手を交互に使う必要があります。
中心軸の確立と、手先への刺激となります。

ぜひ遊んでみてください!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

マット 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

8月

09日

【アウェー戦で脳を活性化!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【アウェー戦で脳を活性化!】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

脳を活性化させるメソッドや育脳教材はいろいろ出ています。

今回は特別な教材を使わずに脳を活性化させられる内容です。

それが脳をアウェーの状態に置くことです。
これはどういうことかというと、
脳はアウェー状態つまり、新しい職場や訪れたことの無い国、
初めての体験時のどうしたらよいか

すぐにはわからないような状況に置かれてこそ、
脳はフル回転し活性化します!

 

年齢を重ねると経験も積み重なっていき
脳がアウェーに置かれることが少なくなってきますが、
子ども達にとっては、全ての経験体験が

初めてのことが多いですよね!?
つまり日々アウェー状態で過ごしているからこそ、

脳の成長が著しいのです。

これは、スキャモンの発育発達曲線をみてもわかります!

 

ただ、アウェーで活躍するには安心できるホームが

無ければ、思い切りチャレンジはできません。

安心できるホームとは、

大好きなお父さんお母さんでもあり、先生です。
「どんな結果になっても、お父さんお母さんがいるから大丈夫!」
と思えるからこそ子ども達は日々様々なことに挑戦し、
脳の脳力を引き出し続けています。

 

しかし、ホームだけで育った場合はどうでしょうか?
●危ないからと新しいことにトライさせない。
●まだ出来ないと決めつけ大人が全てやってあげてしまう
●これはこうだよ!と先回りして教えてあげてしまう

など、本当に危険なことは止めなければならないですが、
子ども達の成長を考えれば脳科学の視点からみても
多くのアウェーを子ども達に経験体験させてあげることも
とても大切なことだと思います!!

 

これからは、積極的にアウェーの状況に

チャレンジできるよう促し、子ども達の脳の潜在能力を

どんどん引き出していきたいですね!

 

参考文献:『結果を出せる人の脳の習慣』,茂木健一郎, 廣済堂新書

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

茂木健一郎  運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

8月

08日

【何を伝え、何を隠すか?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【何を伝え、何を隠すか?】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

お子さんに何かを教える立場にいる方々にとっては、
どのように子ども達を導き教えて伝えていくか…
ここには正解は無く、常に試行錯誤の連続だと思います。

これさえやれば全ての子どもにしっかり教えられる

内容の理論があればぜひ学びたいです。

 

子ども達にわかりやすく説明をする!
これはとても大切ですが、1から10まで全てを
手取り足取り教えるのはどうでしょうか?

子ども達にどの部分の情報やヒントを与えてあげるか。
与えすぎると子どもが達成したというよりは

大人の「教えたつもり」の自己満足に

なってしまうこともあると思います。

 

子ども達が、自分自身で考えて、試し、失敗し、

再度考えの姿勢を引き出せるように、

提示の方法も常に考え続けないといけないと思います。
私も、ついつい「教え過ぎた~…」と

反省することもよくあります^^;

 

いつも結局最後の最後には答えが出てくると

思われてしまうと自分自身で学んだり、

考えたりする姿勢が出にくくなってきてしまうのでは
ないでしょうか?

 

参考文献:『教えないで教える』,長谷川貴則,文芸社

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

コーチング 教えないで教える 子育て 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
写真の説明はありません。

2019年

8月

02日

【プールでできる楽しい身体遊び^^】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【プールでできる楽しい身体遊び^^】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

今回は、プールの中で遊べる活動をご紹介します。
その名も
【あびせて守ってジャンケンポン】です。
これは、
【叩いて被ってジャンケンポン】のプール版の遊びです。

 

遊び方は、簡単です。
①二人組になり、向かい合って立つ
②お互いの間にビート版を浮かべる
③「ジャンケンポン」と掛け声を掛けてジャンケンをして、
■勝ち:両手で水をすくって1回だけ相手に掛ける
■負け:ビート版を持ち上げ、顔に水が掛かるのを防ぐ
④数回行ったら、ペアを交代しながら遊ぶ。
⑤年長児はチームになって、チームで出す手を決めて
チーム同士で行うことも出来ます。

 

この遊びは、反応、相手との協調、課題処理、平衡感覚
目と手の協調、水への親近感を養う遊びになります。

大人もぜひお子さんに交じって遊んで見てください。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

プール遊び プール 水遊び 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

8月

01日

【言葉の魔法!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【言葉の魔法!】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

自由遊びで、ブロックを使った。
製作活動でクレヨンを使った。
ご飯を食べ終えた。
運動遊びで行った。

活動の最後には玩具等の片づけを行います。
製作活動や自由遊びの時も同じです。

 

ただ、子ども達にとって「片付け」は
「面倒くさい」「嫌だ」とネガティブな
認識をされているお子さんが多いと思います。

それは、子ども達のこれまでの経験の中で、
片付けないからお母さんから叱られた・・・
片付け始めようと思ったら

「いつになったらやるの!!」と叱られた
などなど

私自身、昔を思い返せば「片付け」 は

楽しいものではなかったなと思います…

 

では、どうするのか!?
言葉がけで、面倒だと記憶していることを
リワイヤー(再配線)することで

プラスに働かせることができます。

それは、ちょっと伝え方を変えるだけです!


「準備しよう♪」
と言い換えて伝えてみてください!

★次に待っている、プール遊びのための準備しよう
★おいしい給食がまっているから、早く準備しよう
★また次やる時のための準備をしよう

 

子ども達にとってプラスのことを言葉の中に入れ、
少し先の好子(子ども達にとってのご褒美・プラスのこと)を

得るために行動できるようになる言葉がけの一例です!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

言葉がけ 片付け リワイヤー 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

7月

30日

【がんばった!うれしかった!貯金箱】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【がんばった!うれしかった!貯金箱】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

最近、運動遊びの中で取り入れていることがあります。

それが
《がんばったこと・うれしかったこと貯金箱》
です。

貯金箱の中には2種類の形のビーズを入れていきます。
形は、ハートと星です。
それぞれの形には意味があります。
★:がんばれたこと・挑戦できたこと・できるようになったこと
:優しい姿・嬉しい(思いやり・気遣い)

 

運動遊びの最後に、私から嬉しかったこと、頑張った姿を
発表したり、子ども達からその日の中で素敵だなと

思ったお友達を発表してもらっています。

貯金箱が一杯になったらどうするかはまだ決めていません。
子ども達と一杯になったらどうしようか?
と相談している最中です^^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #貯金箱 #努力 #思いやり

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

7月

29日

【できない なんてことはない】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【できない なんてことはない】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

本格的に夏休みシーズンとなりましたね!
今日も小学生たちが朝のラジオ体操に眠い目を

こすりながら向かっている姿を見て

「今年も夏が来たな~」と思いました^^

 

さて、今回の遊びはブリッジからのアレンジ遊びです。
まずブリッジは、年々弱くなってきているとされている

身体の背面の力をつけていくことができます。
筋力の向上のみが姿勢を良くするわけではありませんが、
全く不必要という訳ではありません。


ブリッジでは
■お尻(大臀筋)
■背中(広背筋)
■腰背(脊柱起立筋)
■太腿後ろ側(ハムストリングス)
そして、身体の前面のストレッチ効果もあります。

 

動画では、台の上に仰向けに寝そべり、

上半身を台から出し、床に手を着いてブリッジを

行っています。
そしてそのまま後ろにグルンと回転をして降りています。

 

できる限り多くのパターン運動を遊びの中に取り入れ、
運動企画、ボディイメージ、感覚入力を

促せていければと思っています!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

2019年

7月

24日

【子ども達に楽しく運動遊びを提供するためには!?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【子ども達に楽しく運動遊びを提供するためには!?】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

先日指導の中で
「子ども達にどうしたら楽しく運動遊びを提供できるか

方法を教えて欲しい」
という内容のご質問をいただきました。

 

私個人の答えとしては
「わからない」です。

お子さんへ遊びを提供する方法は十人十色・千差万別ですし
その方のやり方が自分に当てはまるかもわかりません。

ただし、いくつかのポイントはあります。


①物語性をもたせてあげること
②好奇心をくすぐる努力をすること


好奇心とは、「人および動物の生存に直接関係する

動機づけと並んで、探索行動や認知行動をおこす

動機づけをさす。」とされていますが、
簡単に言い換えると
「珍しいことや知らないことに対して興味や関心をもつ心」
ではないでしょうか?


③子どもが自分のことを見てくれていると実感できること
④指導者自身が楽しんでいること(演じてでも)
⑤子どもの関心ごとに関心を向けること

 

楽しんでいないのは決して子ども達のせいではありません。
大人の努力次第です。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

好奇心 探究心 #好奇心 共感性 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

7月

22日

【安定した姿勢を育てるなら〇〇を経験しよう】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【安定した姿勢を育てるなら〇〇を経験しよう】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

私たちが作業を行う上で、安定した姿勢を作りだすことは
とても重要です。
では安定した姿勢を作りだすためには何が必要なのでしょうか?

パッと思い浮かぶのが「筋力」だと思います。
筋力ももちろん必要です。

しかし、安定を作りだすためには他にも必要なことがあります。

安定しない、つまり姿勢が崩れやすいという
背景には前庭覚刺激のある遊びの不足や、

視機能(周辺視野と中心視野の切り替え)
平衡感覚(前庭覚とも関係している)遊びの不足が考えられます。

 

今回は、平衡感覚にスポットを当ててみます。
不意に姿勢が崩れた際、そのまま倒れていってしまう方は

いないと思います。
手を着いたり、身体をひねったりするはずです。
これは三半規管や筋肉の収縮具合から脳が傾きを計算し
身を守るために姿勢を元に戻そうとする反応です。

安定した姿勢を保つことは運動学習の一つです。
不安定な状態も経験してこそ、どの程度の傾きは危険なのか
どう体勢を変えればよいかを一つ一つ学び蓄えていきます。

 

安定には不安定の経験が必要不可欠
高い高い・飛行機・ブランコ・滑り台・ハイハイなどなど
不安定な経験がほとんどないお子さんも

増えてきているように感じます。


不安定を意図的に取り入れるかどうかは大人次第ですね。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

不安定 安定 小脳 運動学習 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

7月

18日

【やってみること!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【やってみること!】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

本日は、北信地区のとある保育園様での
運動遊びでした♪

その時の様子を少しご紹介します。

 

今回はホールにスラックラインを設置しました。
床からの高さは70㎝程です。
下にセーフティマットを敷き、上部に補助ラインを
張って遊びました。

 

写真は年少さんの遊んでいる様子です。

補助ラインがあることで、初めての子でも
簡単にスラックラインの上を歩くことができます。

今回は高さを出したこともねらいの一つです★

 

年長児になると補助ラインで足抜き回りをして
再度スラックラインに着地して進む強者もいました。

子ども達が自分たちで遊びを広げてくれたことは
とても嬉しかったです。
見ているこちらは冷や汗ものですが…

 

また、スラックライン上に大人が座って、

その上を渡ってもらったり、飛んでくるボールを

避けたり、跳ねてみたりと不安定の遊びの中で

だいぶ安定ができるようになってきました!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #スラックライン #可能性は無限大 #子どもの身体能力

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内

2019年

7月

18日

【自分の体と向き合えているか?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【自分の体と向き合えているか?】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

運動遊びを行なう時は安全への配慮はもちろん行います。
ただ、怪我をさせないように手取り足取りすべてを指示し、

手を差し出してあげることが

将来の子ども達の安全につながるでしょうか?

 

子どもが、動きの中で、自分自身の現在の能力と向き合って、
少し怖いな…危ないな…と感じながら、
少しずつ身体を操作していく経験の積み重ねこそ

将来のお子さんたちの安全につながると思います。

始めから完璧に身体の操作ができるわけはありません。


作業療法士の木村順先生は身体の扱い方を

車の運転に例えてお話しされることがありますが、
子ども達はまだ、自分の身体の運転の仕方を知りません。
まさに免許取得真っ最中で、あちこちぶつけるし、

擦るし、アクセルとブレーキも間違えるし、

危なっかしいこともあります。
確かに見ていて冷や汗が出るときもあります。


しかし、大人が四六時中お子さんの側にいて

危険を排除し続けるのは無理ではないにしても

難しいことです。
自分自身で行ってみるからこそ、そこからフィードバックして
学び成長につなげられます。

 

私たち大人は、「気を付けて楽しく遊びな~」
の声掛けくらいが丁度いいのかもしれません。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

7月

16日

【真っ白なキャンバス】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【真っ白なキャンバス】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

乳幼児期の脳の例えとして、

「真っ白な白紙で、どんなことでも吸収できる!」
ということを聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

スキャモンの発育発達曲線の神経系の発達でも

0歳~10歳ほどの間にほぼ100%完成するとされているため、
0歳~10歳、特に0歳~3歳の間に早期教育をしていきたいと
思われている方も少なくないと思います。

 

ただ、「世界で最も優れた10の学校」に選ばれた
レッジョ・エミリア(イタリア)の教育者

キアラ・スパジアリは「幼児の頭は決して白紙ではなく、

無限に知識を入れ込む入れ物ではない」
と提唱されています。

キアラ・スパジアリが重視するのは、
「詰め込み」
ではなく
「自由」
だそうです。

 

■選択する自由
■動く自由
■考える自由
■創造する自由
■制作する自由


【子どもたちは自由を与えてもらうことで、

好きなもの好きなことを脳を使って

知識を深めることができる。
大人がすることは、子どもたちが自由に遊び学べるよう、

最低限の援助と安全を確保することだけ】
だそうです。

 

柳沢運動プログラムは自由に遊ぶための

基礎的な身体作り、根っこ作りを身体遊びを通して

養っていくことが出来ると考えています!

 

 

より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を

広げていくために投稿への『いいね!&シェア!』を

よろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【必見!!】
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019年

7月

13日

★こどもへの『なぜ?』がこどもを救う?★ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★こどもへの『なぜ?』がこどもを救う?★

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

大人であっても子どもであっても
少なからず得手不得手はありますし、
発達の個人差や、学びのスピードも違います。

 

様々な子ども達と接していると
その子自身が抱えている「発達のつまづき」
に出会うことがあります。

例えば、3歳でものを掴むときに
グー握り(手掌回外握り)
になってしまう子がいたとします。

握り方の発達としては、
手掌回外握り

手掌回内握り

手指回内握り

三指握り
と標準的には発達していくとされています。

 

3歳の月齢だと
手掌回内握りができてくる年齢であるので、
その子の次の課題の手掌回外握りを

次の目標にして練習させていこう!!
とすることが多いかと思います。
私自身もそのような実践を行ってきてしまいました。

 

しかし、大切なのは、
【なぜ、手掌回外握りになってしまっているのか】
その子の行動や、動作に疑問を持つこと
【なぜ?】の視点を常に持つことが重要だと学びました。

 

まず、手掌回内握り(手の甲が上になる)
ためには動きの中心として肘関節・前腕が必要となり
安定点として肩の安定が必要となります。

肩の安定がなされるには、体幹・首の安定が必要になります。

となるとなぜ、この子がこの握りなのかのヒントが
見えてきます。

 

------------------------------------------------------------
★‟なぜ、その子にとってその課題は必要なのか”
その根拠を明確に
★なぜできないのかを考える
------------------------------------------------------------

このことを考えながら子ども達と接していけると
いいですね!!

 

参考文献:『実践家(教師・保育者・支援者)へのメッセージ 発達支援実践講座 支援ハウツーの編み出し方』,木村順,学苑社

 

 

 

運動遊びの大切さ、必要性を広げていくため投稿への

『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします🥺
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります🎶

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

木村順 #作業療法士 # #脳科学 #柳沢運動プログラム #幼児期 発達

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る

2019年

7月

12日

★運動と算数の関係性★ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★運動と算数の関係性★

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

身体を使って遊ぶと算数が得意になると言われたら
どう思われますか??

ある実験から、身体を使った活動をすることで、
算数のテストの点数が上がったという実験結果が
あります。

この実験はアメリカで行われたものです。
子ども達に縄跳びなどの運動を20分行わせる
という内容です。
結果は、毎日20分の運動を行うことで、

特別な勉強は一切していないのにも関わらず

算数のテストの得点が上がったそうです。
また、ランニングやボール遊びでも上記と同様の

結果が得られることもわかっています!!

 

では、なぜ運動をしたことで、算数のテストの

得点が上がったのでしょうか?

そのカギとなるのが、脳の隠れた主役とも呼ばれる
【白質】です。
最近では、白質と学習の相関を裏付けるデータも
得られてきているそうです。

白質は、大脳では深層にある部分で、
ニューロンからニューロンへ神経信号を
伝える軸索(通信ケーブル)が集まっているところです。

最近の研究では、脳の左側の白質が「数学的な能力」
に関わっていることが判明したとされています。

 

最近では、ドイツ生まれの「バルシューレ」も有名に
なってきていますし、縄跳び遊びマラソンは活動に
取り入れているところが多いと思います。


身体を丈夫にするだけなく、机上の勉強にもつながる!!
取り入れるしかないですね!!

 

参考文献:『一流の頭脳』,アンダース・ハンセン,サンマーク出版

 

 

 

運動遊びの大切さ、必要性を広げていくため投稿への

『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします🥺
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります🎶

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

ボール遊び 計算 #算数