ヘッダー画像

”大縄跳び””短縄跳び”ができるまでの過程

短縄跳びの練習方法

縄を跳ぶという運動は、自分で縄を回してそれを跳ぶ単縄跳びと、誰かに回してもらって大きくジャンプをして跳ぶ大縄跳びの2つがあります。

 

まずレベルから言うと、単縄跳びのほうが難しいです。自分で回すという動きが入っているからです。

なので、まずはじめは大縄跳びからやって下さい。しかしこの大縄跳びも、やっぱり縄のタイミングに合わせて跳ぶということは結構難しい動きです。

 

ロボットの開発をイメージしていただくとわかると思いますが、なにか来たもののタイミングに合わせて自分が跳び上がるっていうのは結構難しい動きです。

最近は自動で止まる車などが出てきましたが、やっぱり向こうから走ってきた車を避けるなんてことはまだ開発されていません。

 

ですので、大縄跳びも同じで、来た縄に対して自分が動いて跳ぶというのは結構難しいことなのです。だからこそ、子どもたちにいきなり最初から縄を回してそれを跳ばせようと思っても、なかなか難しいのです。

まずは子どもが両足を揃えてジャンプをするところから始めて、両足を揃えてジャンプが出来るようになったら腕振りをあわせて、ジャンプを一定のリズムでずっと連続的に出来るっていうような段階が必要になります。

 

その次に初めて、障害物を跳び越すというような動きが入ってきます。それから動いている障害物に合わせてジャンプをしてみるという、幾つものステップがあって初めて動いてきた縄を跳び越すということが可能になります。段階を追って指導すれば、確実に保育園幼稚園、小学校に上る前に単縄跳び、大縄跳びが全員できるようになります。

具体的な方法について、ステップバイステップで紹介した資料を用意してありますので、今すぐに行いたい方は是非次のメールフォームから登録して具体的な資料を請求して下さい。

足元のフープを罠に見立てて、触らないように進んでいきましょう。足のつま先まで意識して動くことが目的です。

ロープや縄跳びを蛇に見立てて、触らないように両足ジャンプをしてみましょう。両足でジャンプをするときに膝が離れないようにしましょう。

横方向のジャンプを行います。前後よりも横へのジャンプをするときに膝が離れやすくなります。連続でジャンプしても膝が離れなければOKです。

10cmくらいの高さをジャンプします。このときも、両脚の膝が離れないようにしましょう。着地のときも膝で衝撃を吸収して両足着地すると柔らかなジャンプが出来るようになりますよ。

大縄跳びのタイミングをつかむために、縄をくぐり抜けましょう。跳ぶ必要はありません。先生の合図に合わせて跳び込み、走り抜けましょう。

縄跳びを跳んでみます。跳ぶことに慣れてきたら、しりとりをやったりして意識を他に向けることでさらにレベルアップして短縄跳びの上達も早くなるでしょう。