ヘッダー画像
発達障がいの子どもの治療

言語能力の獲得には、言語野を刺激する模倣運動を!

言葉の発達が気になる子供たちには、どのような療育支援が良いのでしょう。

 

自閉症の子どもは、言語野の発達が遅れているという研究報告があります。

 

言語野には、ブローカ野(言語を発する)、ウェルニッケ野(他人の言語を理解する)

という2つの言語野があります。

 

この2つの言語野に対して、運動が機能を高める効果があるのです。

 

運動でも、特に模倣運動が効果的です。

 

模倣運動とは、要するに真似っ子遊びですね。

 

誰かの真似をするとか、誰かの動きを真似をするというものが、

私達の言語野の発達を促してくれるのです。

 

今は、療育センターや支援学校でも、この模倣運動を取り入れているところが

増えてきましたが、まだまだ認知されていないことも多いようです。

 

しかも、運動の内容に困って継続的に実施できないという先生も

多いようです。

 

障がいの有無に関せず、言葉が気になる子に対しては、

ぜひ真似っ子遊びや模倣運動を提供してみて下さい。

 

お人形遊びや○○レンジャーごっこでも良いでしょう。

 

 

どの年齢の子供でも、楽しく模倣の運動遊びを実施できるように

私たちは、無料で指導案を提供しています。

 

以下の「登録」というボタンをクリックして、パソコンのメールアドレスを

入力してください。

 

すぐに、資料が届きます。

ぜひ、この資料を活用して、子供たちの言語力を育てるために

運動遊びを実施してみてください。