ヘッダー画像

小学校に入る前の保育園や幼稚園のうちに子ども達が逆上がり、側転を出来るようにするためには、まず一番に腕の力というものが必要になります。逆上がりをするときの引き付ける力、側転をする時の支える力というものがとっても大事になります。

 

この力というのは、昔でしたら普段の生活の中や近所のお友達、お兄さんお姉さんと遊ぶ中で自然とある程度身に付いていたものです。

しかし、今の子ども達というのは、やはりそのような環境がなくなってきている。昔とは環境が違っているので、腕の力というものが弱くなってきています。 

 

ですので、腕を使ったような遊びを積極的に取り入れていただけると、小学校に上る前に全員が逆上がりや側転が十分に出来るようになります。

 

ではどのようなことをしたらいいのかというと、一番効果的なのが私達の推奨する、くまさん歩きというものです。片足のくまさん歩きというものもお勧めです。

 

どのようにやるかということは、次のメールフォームに登録していただくとやり方を詳細に説明しておりますので、小学校に上る前に子どもたちに逆上がり、側転を伝えたいという方は是非活用して下さい。

 

 

最後に一つだけお願いがあります。

 

子どもたちに逆上がりや側転が出来るようになってもらいたいという思いは十分分かるのですが、技術の習得だけがメインにならないようにだけ気をつけて下さい。

やはり幼児期というものは、運動を好きになって自発的に運動したくなるという気持ちを育てるのが一番大事なのです。その結果、逆上がりや側転が出来る状態になっているけれども、やはりその過程やプロセスというものを大事にすることを忘れないようにして下さい。