ヘッダー画像
姿勢が悪くて猫背の子どもを改善する日常の運動

姿勢が悪い子どもは最近とても増えてきています。

 

どこかに体をもたれかけていないと座っていられなかったり、

背中が丸まってしまっているような子どもは増えています。

やはり姿勢を維持するためには、筋肉というものが必要なのです。

 

小さい頃から体を動かしていなかった子どもたちというのは、

この姿勢を維持するための筋肉も未熟な状態にあります。

特に腹筋や背筋と言われている「体幹」体の幹と書いて体幹と言いますが、

その部分の力が弱いのです。

この力が弱いと、体がふにゃふにゃしてしまって、

やはりどこかに体を寄りかけていないといられなくなります。

ですので、腹筋や背筋を刺激するような遊びを日常生活の中に取り入れてみて下さい。

 

具体的な方法としては、腹筋を使うものと、

鉄棒にぶら下がって足を持ち上げるりんごさん遊びというものがあります。

このりんごさん遊びは、逆上がりをするためにもとても効果的な遊びです。

 

りんごさんをご存じない方は、こちらの方からやり方をダウンロードして、子どもたちに提供してあげて下さい。