ヘッダー画像
幼児期運動指針の導入と安全なやり方

運動を取り入れようという思いを持たれた方は、是非朝十分の運動から始めて下さい。

何故かというと、子どもが朝まだちょっと体が起きない頭も起きない。

寝た状態から来るわけですから当然ですが、朝十分運動してあげると、

体が元気になるだけじゃなくて、頭が元気になります。  

 

頭といっても特に脳の機能の集中力が高まるのです。

やはり集中力を高めてから、普段の日課や学校の勉強に臨めば当然効果が高まります。

しかも運動をただするだけではなくて、

楽しく十分間運動したら、その後に二〜三分の静かにする時間を設けて下さい。

 

これによって朝体を動かして目覚めた、

それをうまく集中するという状態に持って行くことが出来ます。

これは最新の私の研究でも脳科学的に実証されていることです。

 

一 休さんがよく困ったとき考えるときに頭をなでるような風景を、

多分あなたもご存知だと思いますが、ちょうどあそこのところが集中力を司っています。

脳の前頭葉、前頭前野と言われているところですが、

この集中力を高めてあげることで、例えばその後にある読み聞かせや

創作活動、お絵かき、いろいろな活動に集中できる状態を作ることが出来ます。

ですので、朝の十分の楽しい運動を積極的に一日の始まりとして取り入れてみて下さい。

 

結果的に子どもの体作りも出来ますので、お勧めです。

具体的な方法を次にあるメールフォームに登録していただくと、

毎月あなたのもとにお届けします。

やはり現場の保育士さんや保護者の方は忙しいので毎日ネタを考えることは出来ないでしょう。

ですので、そのネタについて私達の方から無料でご提供しますので、是非ご登録下さい。